大阪市都島区の大阪精密入れ歯治療室。入れ歯治療のプランについて。

BPS義歯治療の流れ

入れ歯治療のプラン

入れ歯治療の流れについて詳しく説明いたします。

入れ歯治療のプランのリスト

  • 残っている歯の抜歯を伴うケース(上下総入れ歯)
  • 総入れ歯難症例
  • 部分入れ歯の症例

残っている歯の抜歯を伴うケース(上下総入れ歯)

残っている歯がむし歯でやられてしまっていたり、歯周病でぐらぐらになってしまっている場合は、歯を抜かなければいけないことがあります。この場合、すぐに入れ歯をセットすることができませんので、いくつかの段階を経て、最終入れ歯に到達します。合計2つ入れ歯を作ります。

第1ステップ:治療用の入れ歯の製作~セット

歯がある状態で型取りを行い、即時義歯を作っていきます。歯がある状態で作った入れ歯は、歯を抜いた後の歯ぐきの形と厳密には合いませんが、最終入れ歯を目標とした形態・かみ合わせを設定して製作していきます。

即時義歯が完成してから、歯を抜くと同時に即時義歯をセットします。歯がない期間が出来ないように配慮いたします。

通院していただく間隔にもよりますが、大体1~2ヶ月かかります。

第2ステップ:咬合治療用義歯でかみ合わせのリハビリ、歯ぐきの治癒待ち

歯ぐきが型取りできる程度に落ち着いてきたら、咬合治療用義歯を製作していきます。咬合治療用義歯とは、最終入れ歯の元になる入れ歯で、実際にお使いいただいて、噛むリハビリを行っていただきます。加えて、最終の入れ歯を作る前に入れ歯の見た目に関しましてもご評価いただきます。

また、歯を抜いてから歯ぐきの傷口が治ってくるまで最低でも3ヶ月はかかりますので、歯ぐきが落ち着くまでは待機します。

ケースにもよりますが、大体3~6ヶ月ほどかかります。

第3ステップ:最終入れ歯の製作~セット

即時義歯でのリハビリが終わり、歯ぐきが落ち着いてきたら最終入れ歯を製作していきます。

製作には大体1~2ヶ月かかります。

第4ステップ:最終入れ歯の調整~内面修正

新しい入れ歯はいくら精密に作ったとしても、最初から完全にフィットさせることは難しいです。靴擦れのように、最初は違和感やお痛みがでたりすることもありますので、微調整を行っていきます。また、歯を抜いたケースですと、数ヶ月~1年くらい経つと、歯ぐきが緩やかに下がってくる場合があり、その場合は内面の適合状態を修正する処置を行っていく場合もあります。

第5ステップ:定期チェック

入れ歯を作ったら終わりではありません。よい状態を保てているかどうか、定期的にチェックをしていく必要があります。お口の中の変化とともに、微調整を行っていきます。

標準プランとエコノミープランの違い

標準プランでは、入れ歯のエステティック加工料を含みます。エコノミープランでは、入れ歯の性能自体は保ちつつ、経済的な負担を軽減するためにエステティック加工を省略させたプランです。

標準プランとハイクオリティプランの違い

ハイクオリティプランでは、プロビジョナルデンチャーから耐久度が高く長持ちする素材を使用いたします。

治療費:残っている歯の抜歯を伴うケース(標準プラン)

メニュー 定価(税別)
自由診療再診料(1回につき) 2,000円
即時義歯(上下) 250,000円 × 2
BPS総入れ歯 標準プラン(上下) 500,000円 × 2
歯を抜く処置費 保険適用
合計 1,500,000円+再診料等

治療費:残っている歯の抜歯を伴うケース(エコノミープラン)

メニュー 定価(税別)
自由診療再診料(1回につき) 2,000円
即時義歯(上下) 250,000円 × 2
BPS総入れ歯 エコノミープラン(上下) 400,000円 × 2
歯を抜く処置費 保険適用
合計 1,300,000円+再診料等

治療費:残っている歯の抜歯を伴うケース(ハイクオリティプラン)

メニュー 定価(税別)
自由診療再診料(1回につき) 2,000円
即時義歯(上下) 250,000円 × 2
BPS総入れ歯 ハイクオリティプラン(上下) 700,000円 × 2
歯を抜く処置費 保険適用
合計 1,900,000円+再診料等

※治療費に関しましては、ご予算との兼ね合いもありますので、一度ご相談ください。

※部分入れ歯の場合は、上記より安くなります。

※個別の治療計画により、治療費は上下することがあります。

総入れ歯難症例

総入れ歯の方には、歯ぐきや顎の状態が悪く、一般的な入れ歯の製作方法では上手くいかない場合があります。咬合治療用義歯を一度製作して、最終的な入れ歯を作るためのリハビリを行います。合計2つ入れ歯を作ります。

第1ステップ:咬合治療用義歯の製作~セット

まずは、現状で出来うる限り吸着し安定する入れ歯を作っていきます。

通院していただく間隔にもよりますが、大体1~2ヶ月かかります。

第2ステップ:咬合治療用義歯でかみ合わせのリハビリ

咬合治療用義歯で、最終入れ歯の形態・かみ合わせを探っていきます。患者様にも入れ歯というものに慣れていただき、入れ歯で噛むためのリハビリを行います。不満な点などございましたら、新しい入れ歯に反映させるように情報収集をしていきます。 加えて、最終の入れ歯を作る前に見た目に関してもご評価いただきます。

第3ステップ:最終入れ歯の製作~セット

咬合治療用義歯でのリハビリが終わったら、そのときのかみあわせや筋肉の動きを考慮し、より良い状態の最終入れ歯を製作していきます。

製作には大体1~2ヶ月かかります。

第4ステップ:最終入れ歯の調整

新しい入れ歯はいくら精密に作ったとしても、最初から完全にフィットさせることは難しいです。靴擦れのように、最初は違和感やお痛みがでたりすることもありますので、微調整を行っていきます。

第5ステップ:定期チェック

入れ歯を作ったら終わりではありません。よい状態を保てているかどうか、定期的にチェックをしていく必要があります。お口の中の変化とともに、微調整を行っていきます。

標準プランとエコノミープランの違い

標準プランでは、入れ歯のエステティック加工料を含みます。エコノミープランでは、入れ歯の性能自体は保ちつつ、経済的な負担を軽減するためにエステティック加工を省略させたプランです。

標準プランとハイクオリティプランの違い

ハイクオリティプランでは、プロビジョナルデンチャーから耐久度が高く長持ちする素材を使用いたします。

治療費:総入れ歯難症例(標準プラン)

メニュー 定価(税別)
自由診療再診料(1回につき) 2,000円
咬合治療用義歯(上下) 250,000円 × 2
BPS総入れ歯 標準プラン(上下) 500,000円 × 2
合計 1,500,000円+再診料等

治療費:総入れ歯難症例(エコノミープラン)

メニュー 定価(税別)
自由診療再診料(1回につき) 2,000円
咬合治療用義歯(上下) 250,000円 × 2
BPS総入れ歯 エコノミープラン(上下) 400,000円 × 2
合計 1,300,000円+再診料等

治療費:総入れ歯難症例(ハイクオリティプラン)

メニュー 定価(税別)
自由診療再診料(1回につき) 2,000円
咬合治療用義歯(上下) 250,000円 × 2
BPS総入れ歯 エコノミープラン(上下) 700,000円 × 2
合計 1,900,000円+再診料等

※治療費に関しましては、ご予算との兼ね合いもありますので、一度ご相談ください。

※個別の治療計画により、治療費は上下することがあります。

部分入れ歯の症例

部分入れ歯の症例の場合、残っている歯の本数や状態により、大きく治療計画が変わります。部分入れ歯の症例も沢山診ております。一度お越しいただきまして、診断を行った後、詳しく治療計画についてお伝えいたします。

ページトップへ戻る

  1. 山下歯科
  2. 大阪精密入れ歯治療室
  3. 入れ歯治療のプラン