予防歯科

予防の重要性。むし歯・歯周病にならないことが理想です。

歯磨き中の女性むし歯・歯周病になってしまった歯は、どんなにしっかり治療しても、無くなった歯質や骨は戻りません。

言うまでも無く、そもそもむし歯・歯周病にかからないことが最も理想な状態です。

「痛みが出てから・歯がぐらぐらになってから」歯科医院に行くのではなく、日ごろよりお口のメンテナンスをしっかり行い、 治療が終わった後の良いお口の状態を保っていくことが真の意味での歯科治療です。

※参考:どくらぼ 日本人だけが知らない予防歯科の正しい考え方

オーダーメイドの歯磨き指導を致します。(セルフケア)

歯ブラシと歯間ブラシお口の中を良い状態で保っていくために、歯磨きは非常に重要です。むし歯も歯周病も細菌感染症です。お口の中の細菌はバイオフィルムと呼ばれる状態で、お薬がほとんど効きません。歯磨きは物理的に細菌を取り除くため、お口の中の細菌の量を減らす最も効果的な方法のひとつです。

「磨いている」「磨けている」は全く意味合いが違います。本当に磨けているといえる歯磨きは意外と難しいものです。ご自身ではしっかり磨けているつもりでも、色々な所に磨き残しが出てしまいます。

また、患者さんごとに歯の本数、歯並び、歯磨きの癖、生活習慣など、歯磨きに関する個人差は大きいです。担当歯科医師制・担当歯科衛生士制であるからこそ可能なのですが、その場限りではなく、継続的に患者さんのお口の中の状態の変化を見ながら問題点を考察し、オーダーメイドの歯磨き指導を行うようにしております。

メンテナンスとは?(プロフェッショナルケア)

歯科衛生士むし歯・歯周病の治療が一段落しても、治療した部位は、健康な部位に比べてどうしても弱ってしまっており病気が再発しやすい状態です。また、お口の中の状態も少しずつ変化してきます。天然の歯・つめもの・かぶせもの・入れ歯ではすべて経年変化の仕方が違ってきます。

定期的に歯科医院でチェックを受け、いい状態を維持できるようにお口の中を調整し、環境を整えていくのがメンテナンスです。単に、定期的に歯石を取る定期健診とは考え方が根本的に違います。

メンテナンスは法的に自由診療です。

健康保険の給付対象は疾病の治療です。疾病の予防は健康保険の給付外です。(以下、経済産業省のWebサイトからの引用です。)

<照会内容>

歯科医師がう蝕・歯周病に罹患していないと判断した者に対する予防メインテナンスが療養の給付に含まれないこと等について照会がありました。

<回答>

医師又は歯科医師が、う蝕・歯周病に罹患しておらず、口腔内に他の疾病又は負傷がないと判断した場合は、当該判断を受けた者の状態は「疾病又は負傷」に該当せず、このような者に対する予防処置等は「療養の給付」に該当しないこと等が確認されました。

健康保険制度を曲解して、3ヶ月の定期健診で初診料、歯周病検査、スケーリングなどを算定することは違法です。当院では、法律を厳守しておりますので、メンテナンスは自由診療にて行っております。詐欺行為である不正請求は一切行っておりません。ご理解とご協力をお願いいたします。

価格:30分コース 5,000円 60分コース 10,000円(税別)

担当歯科衛生士制を採用しています。

治療と同じく、予防においても患者さんのお口の中の経過をずっと見ていくことは非常に重要です。当院では、担当歯科医師と共に担当歯科衛生士が固定で担当いたしますので、患者さんのお口の中の変化をみていくことができます。これにより、場当たり的な単なる歯のクリーニングではなく、長期的な歯の健康を保つ為の本当の予防を実践することが出来ます。

歯を極力傷つけないお口のクリーニング(PMTC)を行います。

お口のクリーニングの方法は色々ありますが、場合によっては、そのクリーニングの処置により歯の表面を傷だらけにし、むし歯や歯周病のリスクをあげてしまっている場合があります。特に、着色を取る処置は着色だけでなく歯の表面を削っていることが多いです。

当院は、歯の健康を第一に考えております。極力、歯を傷つけない器材・方法を選択し、また特にむし歯や歯周病のリスクの高い部位を優先的にメンテナンスするように心がけています。

おうちでのフッ素洗口剤を処方しています。(ミラノール)

歯ブラシと歯間ブラシむし歯予防のうち、歯自体をむし歯になりにくくするように強化する方法として、フッ素の応用があります。フッ素を含んだお薬を歯に塗ることで、歯をメインで構成するハイドロキシアパタイトという成分がフッ素と結合して強化されむし歯になりにくくなります。

当医院では、歯科医院で出来るフッ素塗布に加えて、おうちでできるフッ素による洗口剤(ミラノール)を処方しております。どんな方にでも効果がありますが、特に15歳未満の方の歯は石灰化度が低く、むし歯になりやすい状態であるため、より効果が期待できます。

価格:1,500円(粉10袋(約1年分)+粉を溶かすボトル)

ページトップへ戻る

  1. HOME
  2. 予防歯科
スタッフ募集

診療科目