器具の消毒・滅菌やクリーンな診療環境作りに力を入れています。

洗浄室基本的なこととして、むし歯や歯周病といった歯科を代表する疾患は全て細菌による感染症です。細菌を取り除く治療を行うのに、十分に消毒や滅菌がなされていない器具を使用しても治療が不十分になることは目に見えています。

また、医療者と患者さん、患者さんから患者さんへ体液を介した院内感染は病気を治す医療機関で病気を作ってしまうということであり、あってはならないことだと考えております。

当院では、診療室とは完全に隔離された洗浄室を準備し、診療室をできる限り汚染から守り、徹底した滅菌を行っております。

クラスBオートクレーブにより、滅菌を徹底しております。

DACユニバーサル消毒器・滅菌器の適切に使用することが徹底して滅菌するために重要なことです。

  • 水洗い(一次洗浄)
  • タンパク分解液による超音波洗浄(一次洗浄)
  • 高温高圧による滅菌(クラスBオートクレーブ)
  • オートクレーブにかけられない器具は超強力な消毒液による消毒

オートクレーブと呼ばれる滅菌器にはグレードがあります。クラスN、クラスS、クラスBの3段階ありますが、当院ではその中の最高グレードであるクラスBオートクレーブ:シロナ社のDACプロフェッショナルを導入しております。歯科用の複雑な構造を持った器具でも滅菌できるもので、安心して治療を受けていただけます。

お口の中に入る器具は、滅菌済みかまたは使い捨てにしており、他の患者様に使用した器具がそのままお口に入ることはありません。

オートクレーブのクラス(ヨーロッパ基準EN13060)

  • クラスN:通常の歯科医院で使用されています。単純な形のミラー、ピンセット等の器具を滅菌できます。
  • クラスS:滅菌前に1回真空状態を作り、高圧蒸気滅菌します。バキューム管、シカヨウハンドピース、複雑な形状の器具を滅菌できます。
  • クラスB:滅菌前、乾燥時に数回の真空状態を作り、あらゆる形状の器具を滅菌出来ます。滅菌バッグに包装された器具も滅菌出来ます。

歯科用ハンドピースの滅菌もしっかり行っております。

ハンドピース用オートクレーブまた、新聞に出て問題になった歯科用切削ハンドピースの滅菌に関しても、専用の滅菌器(クラスS)にて行っております。

当院では、お口の中の唾液や血液がハンドピース内に逆流するタイプの「エアタービン」と呼ばれるタイプのハンドピースは使用しておらず、「5倍速マイクロモーター」というハンドピースで歯の切削を行っております。

消毒・滅菌できないものは使い捨てています。

基本セット消毒や滅菌ができないものに関しては、使い捨てタイプの物品を使用しています。

  • 紙エプロン・紙コップ・紙トレー
  • グローブ
  • 薬液・シリンジ(1本約200円)
  • ステンレスファイル(1本約150円)
  • ニッケルチタンファイル(1本約1,500円)
  • 筆(1本約50円)
  • 注射針、メス刃、針類(1本100〜500円)

特にグローブに関しては、当院は小規模な歯科医院ですが、1日で100枚入りのものが2箱なくなるくらい徹底的に交換をするようにしています。 徹底してお口の中に入るものは滅菌か使い捨てで対応しています。自由診療がメインであるからこそ提供できる清潔な診療環境です。

保険診療における滅菌の費用について

歯科は複数回通院する再診がメインの診療科なので、再診による費用を考えてみます。処置料以外でかかるのが再診料が450円、歯科外来診療環境体制加算が50円の計500円です。患者様が負担していただくこの500円から、家賃、院長やスタッフの人件費、消耗品費(滅菌費用含む)が支払われることになります。

滅菌にかかるコストは、滅菌するために必要な予備の診療器具(金属性器具、歯科用ハンドピースなど)、滅菌器、滅菌バッグ・薬液などの消耗品費、滅菌作業のためのスタッフの人件費がかかります。

医療機器は非常に高価であり、滅菌を徹底するために必要な予備の診療器具と滅菌器の導入コストで数百万〜数千万円かかり、消耗品費とスタッフの人件費で1回当たり数百円から数千円かかります。

現実的に考えて、1回500円の診療報酬により清潔な環境を構築することは不可能です。また、歯科用器具を完全に滅菌できないクラスNのオートクレーブ1台のみで歯科医院開設の認可は下ります。逆に言えば、国は歯科の器具を完全に滅菌する必要はないと考えているのではないでしょうか。

当院のように、自由診療がメインの歯科医院では患者様に必要なコストを負担していただいており、清潔な環境を提供するのは当然だと考えられます。しかし、保険診療がメインの歯科医院に清潔な環境を求めるのは、現実的に無理な話であり、酷な話ではないかと思います。患者様には、このあたりの事情を是非知っていただければ幸いです。

口腔外バキュームで空気もきれいにいたします。

口腔外バキューム歯科では何かを削るという治療が多いですが、切削屑も感染源として考えます。全ての切削屑をなくすことは不可能ですが、口腔外バキュームと呼ばれる機械で空気中を舞う切削屑を吸引し、診療室の空気をクリーンに保ちます。

当院は歯科外来診療環境体制の届出歯科医院です。

歯科外来診療環境体制とは、歯科診療時の偶発症など緊急時の対応及び感染症対策としての装置・器具の設置などの取り組みを行っている体制のことです。当院は、厚生労働大臣が定めた施設基準に適合し、届出している医療機関です。

歯科外来診療環境体制の施設基準

  • 所定の研修を修了した常勤の歯科医師が、1名以上配置されていること
  • 歯科衛生士が、1名以上配置されていること。
  • 緊急時の初期対応が可能な医療機器(AED、酸素ボンベおよび酸素マスク、血圧計、パルスオキシメーター)を設置していること。
  • 診療における偶発症等緊急時に円滑な対応ができるよう、別の保険医療機関との事前の連携体制が確保されていること。(当院は大阪市立総合医療センターの連携歯科医院です。)
  • 口腔内で使用する歯科医療機器等について、患者ごとの交換や、専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底する等十分な感染症対策を講じていること。
  • 感染症患者に対する歯科診療について、ユニットの確保等を含めた診療体制を常時確保していること。
  • 歯科ユニットごとに歯牙の切削や義歯の調整、歯の被せ物の調整時等に飛散する細かな物質を吸収できるよう、歯科用吸引装置等を設置していること。

ページトップへ戻る

  1. HOME
  2. 医院紹介
  3. 消毒・滅菌体制
スタッフ募集

診療科目