器具の消毒・滅菌やクリーンな診療環境作りに力を入れています。

洗浄室基本的なこととして、むし歯や歯周病といった歯科を代表する疾患は全て細菌による感染症です。細菌を取り除く治療を行うのに、十分に消毒や滅菌がなされていない器具を使用しても治療が不十分になり結果が出ないことは目に見えています。

また、医療者と患者さん、患者さんから患者さんへ体液を介した院内感染は病気を治す医療機関で病気を作ってしまうということであり、あってはならないことだと考えております。

当院では、診療室とは完全に隔離された洗浄室を準備し、診療室をできる限り汚染から守り、徹底した滅菌を行っております。特に自由診療メインとする歯科医院であるため、最高水準を目指しております。

消毒と滅菌(滅菌の方が清潔)

消毒は、細菌などの微生物の活動を弱めて無害化することです。滅菌は、全ての細菌やウイルスを死滅させることです。当然、滅菌の方が段違いに清潔です。使用する道具は可能な限り滅菌し、不可能であれば使い捨てをすることが理想です。

クラスBオートクレーブにより、滅菌を徹底しております。

DACユニバーサル消毒器・滅菌器の適切に使用することが徹底して滅菌するために重要なことです。

  • 水洗い(一次洗浄)
  • タンパク分解液による超音波洗浄(一次洗浄)
  • 高温高圧による滅菌(クラスBオートクレーブ)
  • オートクレーブにかけられない器具は超強力な消毒液による消毒

オートクレーブと呼ばれる滅菌器にはグレードがあります。クラスN、クラスS、クラスBの3段階ありますが、当院ではその中の最高グレードであるクラスBオートクレーブ:シロナ社のDACプロフェッショナルを導入しております。歯科用の複雑な構造を持った器具でも滅菌できるもので、安心して治療を受けていただけます。

お口の中に入る器具は、1回使用するごとに滅菌するかまたは1回で使い捨てにしており、他の患者さんに使用した器具がそのままお口に入ることはありません。 滅菌は1日1回しか行わず、患者さん毎に行うのはアルコール消毒のみという落ちもありません。

オートクレーブのクラス(ヨーロッパ基準EN13060)

  • クラスN:通常の歯科医院で使用されています。単純な形のミラー、ピンセット等の器具を滅菌できます。
  • クラスS:滅菌前に1回真空状態を作り、高圧蒸気滅菌します。バキューム管、歯科用ハンドピース、複雑な形状の器具を滅菌できます。
  • クラスB:滅菌前、乾燥時に数回の真空状態を作り、あらゆる形状の器具を滅菌出来ます。滅菌バッグに包装された器具も滅菌出来ます。

クラスBオートクレーブを使用して滅菌している器具

クラスBオートクレーブを単に院内に置いていて一部使っていることと、クラスBオートクレーブを使用して全ての器具を適切に器具の滅菌を行っていることとは違います。当院には、予備と称してクラスNオートクレーブを設置しておりませんので、性能の低いクラスNオートクレーブを使用することは絶対にございません。

  • 金属製の器具全て(歯科基本セット、各種処置用器具、外科器具)
  • ダイヤモンドポイント、ラウンドバー、技工用バー、研磨用ポイント
  • 超音波スケーラーの先端
  • エアフローの先端
  • 電気メスの先端
  • 型取り用のトレー(滅菌可能のもの)
  • ガラス練板
  • プラスチックスパチュラ
  • ラバーカップ
  • ZOO(簡易防湿器具)
  • デンタルX線写真撮影用ガイド
  • 電気歯髄診断器、根管長測定器のプローブ、コード、メタルフック
  • 注射筒
  • バイトブロック

歯科用ハンドピースの滅菌もしっかり行っております。

ハンドピース用オートクレーブまた、新聞に出て問題になった歯科用切削ハンドピースの滅菌に関しても、専用の滅菌器(クラスS)にて行っております。

当院では、お口の中の唾液や血液がハンドピース内に逆流するタイプの「エアタービン」と呼ばれるタイプのハンドピースは使用しておらず、「5倍速マイクロモーター」というハンドピースで歯の切削を行っております。

また、当院にはホルマリンガス消毒器やオイルライザー消毒器は設置しておりません。ホルマリンガス消毒器やオイルライザー消毒器を滅菌器として紹介している歯科医院がありますが、あくまでも消毒器なので滅菌は出来ません。

歯科用ハンドピース専用滅菌器を使用して滅菌している器具

  • 5倍速コントラアングルハンドピース
  • コントラアングルハンドピース
  • ストレートハンドピース
  • 超音波スケーラーハンドピース
  • 3ウェイシリンジ(風や水を出す器具)の先端

消毒・滅菌できないものは使い捨てています。

基本セット消毒や滅菌ができないものや、消毒・滅菌すると性能が下がるものに関しては、使い捨てています。

  • 紙エプロン・紙コップ・紙トレー
  • 滅菌バッグ(1枚1〜20円)
  • チェアテーブルの保護シート(1枚約30円)
  • グローブ(1ペア約10円)
  • 手術用ガウン、帽子(1着約300円)
  • 機械類の保護スリーブ(1枚約2円)
  • マイクロスコープの保護ドレープ(1枚約20円)
  • 根管洗浄用の薬液・シリンジ(1本約200円)
  • コンポジットレジンフローシリンジの先端(1個約10円)
  • ステンレスファイル(1本約150円)
  • ニッケルチタンファイル(1本約1,500円)
  • 金属切削用カーバイドバー(1本500〜1,000円)
  • 総入れ歯の型取り用トレー(1個約1,500円)
  • アルジネート印象材注入用シリンジ(1個約100円)
  • 筆(1本約50円)
  • 薬液を採るダッペンディッシュ(1枚約5円)
  • ラバーダムシート(1枚約30〜100円)
  • コンポジットレジン、根管内バキュームの先端(1本約10円)
  • シリコーン印象材注入シリンジ(1本約300円)
  • 注射針、メス刃、針類(1本100〜500円)
  • 紙練板(1枚約1円)
  • 容器から出た薬剤・材料(多く出しすぎて余っても元の容器に戻すことはありません。)

徹底してお口の中に入るものは滅菌か使い捨てで対応しています。自由診療がメインであるからこそ提供できる清潔な診療環境です。

グローブの使い捨ての徹底

特にグローブに関しては、当院は歯科医師1名の歯科衛生士1名の小規模な歯科医院ですが、1日で100枚入りのものが2箱なくなるくらい徹底的に交換をするようにしています。グローブは患者さん1人に対して1枚(術者のみ感染から守られる)という考えではありません。グローブが汚れた後にきれいなところを触るときは、絶対にグローブを変えます。こうすることで、診療室全体が唾液により汚染されづらくなり、院内感染を減少させることが出来ます。

  • お口を触ったグローブで、カルテや薬ビン、戸棚などを触りません。
  • 清潔にしなければいけない器具を触るときは、グローブを変えます。

当院で消毒しているもの。

オートクレーブにかけることが出来ない上、高価で使い捨てできないものに関しては、消毒で対応いたします。当院で消毒しているものは以下のものです。

  • 歯科用チェア(座椅子、うがい器、診療テーブル、ホース類)
  • レントゲン機器
  • 口腔外バキューム
  • LED光照射器(外側は使い捨てのスリーブで保護)
  • 家具類

保険診療における消毒・滅菌の費用について

当院のように、自由診療がメインの歯科医院では患者様に必要なコストを負担していただいており、清潔な環境を提供するのは当然だと考えられます。しかし、保険診療がメインの歯科医院に清潔な環境を求めるのは、現実的に無理な話であり、酷な話ではないかと思います。患者様には、このあたりの事情を是非知っていただければ幸いです。

口腔外バキュームで空気もきれいにいたします。

口腔外バキューム歯科では何かを削るという治療が多いですが、切削屑も感染源として考えます。全ての切削屑をなくすことは不可能ですが、口腔外バキュームと呼ばれる機械で空気中を舞う切削屑を吸引し、診療室の空気をクリーンに保ちます。

当院は歯科外来診療環境体制の届出歯科医院です。

歯科外来診療環境体制とは、歯科診療時の偶発症など緊急時の対応及び感染症対策としての装置・器具の設置などの取り組みを行っている体制のことです。当院は、厚生労働大臣が定めた施設基準に適合し、届出している医療機関です。

歯科外来診療環境体制の施設基準

  • 所定の研修を修了した常勤の歯科医師が、1名以上配置されていること
  • 歯科衛生士が、1名以上配置されていること。
  • 緊急時の初期対応が可能な医療機器(AED、酸素ボンベおよび酸素マスク、血圧計、パルスオキシメーター)を設置していること。
  • 診療における偶発症等緊急時に円滑な対応ができるよう、別の保険医療機関との事前の連携体制が確保されていること。(当院は大阪市立総合医療センターの連携歯科医院です。)
  • 口腔内で使用する歯科医療機器等について、患者ごとの交換や、専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底する等十分な感染症対策を講じていること。
  • 感染症患者に対する歯科診療について、ユニットの確保等を含めた診療体制を常時確保していること。
  • 歯科ユニットごとに歯牙の切削や義歯の調整、歯の被せ物の調整時等に飛散する細かな物質を吸収できるよう、歯科用吸引装置等を設置していること。

ページトップへ戻る

  1. HOME
  2. 医院紹介
  3. 消毒・滅菌体制
スタッフ募集

診療科目