診療方針

山下歯科は安全・安心で歯が長持ちする歯科医療を提供します。

患者様とのコミュニケーションお口の健康は、体の健康、心の健康を保つために非常に重要です。しかし、日本の歯科の制度下で、本当に歯の寿命を考えられた治療がどれほど提供されているでしょうか。

山下歯科では、今ある歯の症状を取り除くだけでなく、先々での歯の寿命を可能な限り延ばすための精密歯科治療・予防歯科を提供しております

山下歯科の4大特徴

山下歯科の重視する4つのポイントについて。

1. 医学的に正しい質の高い診療を提供します。

日本の歯科治療には、健康保険適用の治療と自由診療(自費診療)の治療がございます。

しかし、国の医療費が不足しているため、保険診療ではコストの問題上、本当に良い治療が絶対にできないという問題を抱えております。また、最新の良い治療が保険適用にならないため、それを行うと違法行為になってしまうのです。医学は日進月歩ですが、歯科の分野においては保険診療と自由診療の格差がこれからもどんどん広がっていきます。

医学的に正しい歯科治療を患者様に受けていただき、より良いお口の環境を維持していくためには、積極的に自由診療を取り入れていくことも必要だとお伝えさせていただきたいと思います。

質の高い診療を行うために、当院では「患者を回す」「患者を転がす」と言った同時並列診療は一切行っておりません。十分な診療時間を確保するためであり、また同時に複数人の診療を行うことで、気が散ってしまい治療の質が下がる可能性があるためです。

また、歯科衛生士や無資格の歯科助手が法律の範囲を超えて診療行為を行うこと(詐欺罪・傷害罪に当たる)は一切ございません。これらのことは、質の高い診療を行うためには、確かな知識と技術を持ったスタッフが法律の範囲内で適切に業務を行うことが当然のことだと考えているからです。

医学的に正しい質の高い診療を提供するために、様々なことにこだわっております。皆様に安心して受診していただけるように日々努力しております。

※参考:どくらぼ 医療保険制度を知れば、歯医者さんの費用が見えてくる!(非常にわかりやすく日本の保険制度について書かれています。)

2.科学的根拠に基づいた歯科医療(エビデンス)

どのような治療法がしっかりかめて、再発しづらいかということが、世界中の大学や研究機関で、研究されています。その結果が論文や臨床研究・統計として報告されます。これをエビデンス(科学的根拠)といいます。

当院の歯科医師・歯科衛生士は、定期的に学会・講習会に参加し、最新のエビデンス(科学的根拠)に基づいた歯科医療を日々勉強し、治療法に取り入れています。その上で、患者さんのご希望添えるように、治療方針を決定していきます。

その場限りでなく、5年後、10年後、さらにもっと先を見据えた歯科治療を提供していきます。そして、その際に重要なのが治療ではなく予防という考え方です。当院では、予防(歯のメンテナンス)にも力を入れておりますので、お気軽にご相談ください。

3.担当医制(毎回、同じ歯科医師が担当)

担当医制とは、患者さんとのコミュニケーションを取りながら治療の最初から最後まで一人の歯科医師が責任を持って治療を担当することです。歯1本だけでなく、お口の中を1つの単位として治療するには、一人の歯科医師が、初診時からの経過を観ていくことが重要です。

そのことで、歯科医師自身も患者さんのお口の状態を深く理解し、患者さんそれぞれの個性を考慮した治療を行うことが出来るようになります。

4.しっかりした治療計画の説明(カウンセリング)

当院では、初診時にしっかりと検査を行い、患者さんのお口の状態を把握した上で、治療計画を立案します。患者様のお口の中の状況・治療計画をカウンセリングにてお伝えします。そして、患者さんに納得していただけるまで、ご説明致します。

当院で最も避けるように注意していることは、患者さんが納得なさっていないのに、どんどん治療を進めていくということです。これは、お互いにとって不幸なことです。

また、最近流行のトリートメントコーディネーターといわれる無資格の素人の方が治療内容の説明したり、相談を受けることは一切ありません。患者様のお口の中を診断できるのは歯科医師のみに許された行為です。歯科医師が責任を持って説明いたします。

歯科治療には、中々理解することが難しい部分もありますが、しっかり丁寧に説明いたしますので、納得いかないところは、何度でもご質問ください。

マイクロスコープ・拡大鏡を使用した精密歯科治療に対応しています。

マイクロスコープ治療する上で、患部が見えることは非常に大切です。見えていない虫歯は削れませんし、肉眼で細い歯の根っこの中の状態を確認することはほぼ不可能です。

マイクロスコープまたは高拡大率のサージテル拡大鏡を使用し、小さなむし歯の取り残しを防いだり、繊細な歯の根っこの治療の精度を向上させたりしています。

細かく丁寧にな治療を行うことにより、治療に対しての時間がかかるようになります。治療期間も他の歯科医院より長いかもしれません。しかし、患者さんの歯を少しでも良い状態で残し、しっかりと噛みあわせを調整していくために必要なことなので、ご理解・ご協力をいただけますと助かります。肉眼と拡大視野の違い

院内感染予防に力を入れています。

当院では、院内感染予防に力を入れており、クリーンな環境作りを行っています。

  • お口に入る治療器具は高温蒸気圧滅菌器(オートクレーブ)により滅菌しています。ミラー、ピンセットなど使用する器具は、患者さんの目の前で滅菌パックより開封いたします。
  • 紙コップ・紙エプロン・紙トレーなど使い捨てのものをご用意しております。
  • 当然のことですが、グローブも患者さんごとに使い捨てて取り替えております。また必要に応じて、治療中に何度でもグローブを交換します。(唾液の付いたグローブで薬剤を汚染させない為など。)

ページトップへ戻る

  1. HOME
  2. 診療方針
スタッフ募集

診療科目