大阪市都島区の審美歯科専門サイト。精密審美歯科について。

精密審美歯科

精密審美歯科

お口元の美しさと歯の健康を両立するための治療を提供いたします。

精密審美歯科による見た目の美しさと長期的な歯の健康維持の両立。

マイクロスコープ現在、良い材料が開発されてきたおかげで、つめもの・かぶせものが白いことは当たり前で、自然なお口元を表現できるようになってきました。本当の意味での自然の美しさを追求して、常日頃から技術を研鑽しております。

また、よくあるトラブルとして、歯の色は白くなったけれど、歯ぐきが腫れたり、かめなくなったり、歯がやられてしまったり、医学的に正しい処置が行われていないケースがあります。歯科治療は医学であり、工作ではありません。

当院では医学的に正しい知識に基づいた技術により、安全で長持ちする精密審美歯科治療を提供しております。

精密審美歯科のキーワード

  • 一時的な見た目だけを追求せず、歯の長期的な健康を考慮
  • 歯を残すためのあらゆる処置が可能。(むし歯治療、根管治療、歯周病治療)
  • 十分な時間を確保しての治療。
  • マイクロスコープ・CT・レジンセメント・シリコーン印象材など、精度を高めるための設備や材料の積極的な使用

一時的な見た目だけを追求せず、歯の長期的な健康の維持を目指します。

見た目がよければ何でもよいわけではありません。当院では、医学的に正しい治療を行った上で美しい見た目を提供しています。

まずは、むし歯治療、神経の治療、歯周病治療を医学的に正しく行うことが歯科治療の原則です。そこをおろそかにした審美治療は行うべきではないと考えております。

歯はアクセサリーではありません歯科医学は医学の一分野であり、人を病気から救うためのものであるということをしっかり認識していただければと思います。

歯の形態・かみ合わせを適切に設計します。

プロター咬合器かぶせもの、ブリッジの形や設計により、よく噛めるか、長持ちするかが決まっています。

奥歯のかむ面がまっ平らだと、食べ物を噛み切れませんし、歯のふくらみが平らすぎたり、ふくらみすぎていたりすると、歯ぐきに対してダメージを与えることがあります。

当院では、適切なかみ合わせを作った上で、お手入れがしやすく長持ちするような設計を行います。

また、精密なかぶせやブリッジを製作するためには精密な機器を使用する必要があります。当院では、世界最高峰のドイツKavo社製のプロターevo7咬合器を使用し、可能な限りお口の中の状態を模型上で再現いたします。

※殆どの症例で使用しておりますが、場合によっては他の適切な咬合器を使用する場合があります。

マイクロスコープ・拡大鏡を使用した精密歯科治療に対応しています。

マイクロスコープマイクロスコープまたは高拡大率のサージテル拡大鏡を使用し、精密な治療を行うことが出来ます。

拡大視野で治療することで、つめものやかぶせものの境界部分を精密にあわせることが出来、むし歯や歯周病の再発率を下げることが出来ます。当院では、肉眼での治療はございません。

精度の高いシリコーン連合印象法を行っています。

シリコーン印象材一般的に型取りは、寒天アルジネート連合印象法と呼ばれる方法により行われます。コストが安い方法ですが、問題が沢山あります。例えば、時間が経つと変形してしまったり、やわらかすぎてちぎれてしまったりします。そのため、精密な治療には不適切である場合がほとんどです。

当院では精度を重視するため、型取りの際には、ほぼ全ての症例でシリコーン連合印象と呼ばれる精度の高い方法で型を取ります。シリコーン印象材とは、合成ゴムで出来た型取り剤で、強度が高く、時間が経ってもほとんど変形しないといった優れた性質を持っています。

一般的にはコスト削減のため、自由診療であってもシリコーン連合印象はかぶせものが入るところのみ使用し、かみ合わせの相手の歯はアルジネート単一印象法を行うことがほとんどですが、当院のこだわりとして、全てシリコーン印象材を使用します。それは、少しのコストや手間を気にして精度を下げることが当院の方針としては考えられないからです。

また、当院ではシリコーン印象材は、3M、デンツプライシロナ、イボクラービバデントといった一流歯科材料メーカーのものを使用しております。

シリコーン連合印象法の利点

  • 親水性:口の中の湿った状況でもなじみが良いです。
  • 寸法安定性:変形せずに、形を保ちます。
  • 精度:より細かいところまで精密に型を取れます。

シリコーン連合印象法の欠点

当院では、常にシリコーン印象材を使用しており、大量購入によるコスト削減と回数をこなすことによる技術力の向上にも努めておりますので、以下の欠点は大きな問題になりません。

  • 寒天印象材やアルジネート印象材と比較すると高価です。(1回辺りのコストは数百円)
  • 取り扱いが難しく、歯科医師の技術力が高くないと型取りが出来ません。(当院では熟練した歯科医師が行いますので、問題ありません。)

型取り前に歯ぐきの状態を整えます。(歯周病治療・歯肉圧排)

歯とかぶせものの境界は、歯ぐき付近に設定されます。特に、前歯など見た目にかかわる部分では、境界を隠すために、歯ぐきのふちより下になるようにします。

歯ぐきの腫れがあれば、歯ぐきの形が不安定になり、かぶせものとの境界がすぐに見えてくることがあります。

そのため、型取りの前に、歯肉炎・歯周病の治療を行い、精度の高いかぶせものを作るための準備をします。

また、健康な歯ぐきであっても、歯ぐきと歯の隙間に印象材(型取り材)を流し込むのはテクニックが必要です。当院では、歯肉圧排という歯ぐきの溝を広くする手法を用いて、精密な型取りを行っています。

歯肉圧排とは

歯肉圧排歯と歯ぐきの間の溝のところに細い糸(左の図の黒い糸)を入れ、歯ぐきと歯を引き離した状態にします。この状態なら、歯と歯ぐきの境界部分ははっきりと確認でき、歯ぐきの溝のところに印象材が流れ込みやすくなります。

接着剤はレジンセメントを使用します。

レジンセメント

歯の土台とかぶせ物の間はセメントと呼ばれる接着剤で満たされています。弱いセメント(グラスアイオノマーセメントなど)だと、かみ合わせたときの衝撃で砕けてしまったり、唾液に溶けてしまったりします。セメントがなくなってくると、歯の土台とかぶせのすきまにむし歯菌が入り込み、むし歯(二次カリエス)になってしまうことがあります。

当院では、レジンセメントと呼ばれる強度と接着力が非常に高い接着剤を使用しております。レジンセメントの中でも最高レベルの品質の製品を使用し、また単にレジンセメントを使用するというだけでなく、レジンセメントの性能を最大限引き出すために、接着前の土台やかぶせもの内面の清掃や表面処理もしっかり行います。機械的な清掃はもちろん、酸処理や特殊な表面処理材を使用して唾液などの汚染物を取り除き、レジンセメントの性能を最大限引き出す処理を行います。

最高に美しい歯へ。白いだけでなく、さらに美しく。

良い材料が出てきたおかげで、つめもの・かぶせものが白いことは当たり前で、本当に自然な色調・歯の模様を表現できるようになってきました。本当の意味での自然の美しさを追求して、常日頃から技術を研鑽しております。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディング症例

ダイレクトボンディングという治療法により、前歯のすきっ歯など、歯を削らずに美しく仕上げることが出来るようになってきました。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンと呼ばれる全て陶器(セラミック)の素材で出来たかぶせものです。陶器は歯と同様に透明感があり、さらに変色にも強いという性質により、審美治療にはなくてはならない素材です。

当院は、自由診療専門にかぶせものを製作している歯科技工士と共同して、入っているのがわからないレベルを目指して、治療しております。

ホワイトニング

シェードアップシミュレーター誰しも白い歯にあこがれると思います。

歯には食べ物・飲み物などの色素や、煙草のヤニなどが付着して、自然と色がついてしまいます。それは通常の歯磨きでは完璧に落とすことはできません。

歯科医院専用のホワイトニングの薬剤により、歯に染み付いた色素を分解し、白く輝く歯を演出いたします。当院では、ホワイトニングシミュレーターも導入しておりますので、お気軽にご相談下さい。