大阪市の山下歯科。ダイレクトボンディングについて。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディング

歯を削る量を少なく美しく治療できます。

ダイレクトボンディングで健康で美しい口元に。

ダイレクトボンディング当院では、極力健康な歯質を削らない治療を行っています。つめものの治療でもその考え方は非常に重要で、従来型の歯を大きく削るインレー修復から、健康な歯質を残せるダイレクトボンディング(自由診療のコンポジットレジン充填)に力を入れています。

従来の型取りをして、詰め物を接着する方法(インレー修復)では、詰め物の維持力を向上させる目的で、健康な歯質を大幅に削る必要がありました。

ダイレクトボンディングでは、歯質と強力に接着する材料を使用することで、健康な歯質を余分に削ることなく、むし歯を削った部分に直接材料を流し込むだけで治療が完了いたします。また、保険適用の金属のつめものより、アレルギーも起こしにくく、見た目も白く治療できます。

また、健康保険適用のコンポジットレジン充填と比較して材料の制限がなく、自由診療専用の強靱で研磨性の高いマイクロハイブリッドフィラー配合コンポジットレジンを使用する事ができます。当院では、標準的に90分の時間を確保し、保険診療でのコンポジットレジン充填では実現できない丁寧で精密な治療を実施しております。

ダイレクトボンディングの利点

  • 健康な歯質をほとんど削りません。
  • 色調が自然です。
  • 歯との接着力が強く、従来のつめものと比べるとかなり外れにくいです。
  • つめものとの境界でむし歯になっても透けて見えることが多く、早期発見しやすいです。
  • つめものが割れても補修できます。
  • 金属アレルギーになりません。

ダイレクトボンディングの欠点

  • お口の中で、少しずつ変色してきます。(黄色っぽくなる事が多いです。)

価格:1本 小 40,000円(税別) 大 50,000円(税別)

ダイレクトボンディングのすきっ歯治療により、より美しい口元へ

ダイレクトボンディング症例

ダイレクトボンディングでは、むし歯の治療だけでなく、審美性の改善を行うことができます。例えば、上の写真のようにすきっ歯になってしまっている部分に材料を充填し、美しくすることができます。

従来のセラミック治療(ラミネートベニア、セラミッククラウン)と比べて、歯を削らないため、非常に健康的な治療法です。

また、歯科技工士につめものの製作を依頼しないため治療コストを下げることができ、安価に良い治療を提供できます。

価格:1本50,000円(税別)

ラバーダムにより、歯面を感染させずにしっかりと材料を接着させます。

ダイレクトボンディング症例

ラバーダムとは歯の周りにゴムのシートをつけることで、歯と唾液の接触を避けたり、歯を乾燥させることが出来ます。

歯を削った面は体内であり、お腹を切って内臓が露出しているのと同じ状態です。それを唾液という細菌だらけの液が触れられる状態で処置をすると、細菌感染が起こってしまいます。

また、歯を削った面と材料を接着するには、可能な限りしっかり乾燥させる必要があります。濡れている面にボンドが引っ付かないのと同じことです。

ラバーダムは、歯を細菌感染から守り、乾燥状態で接着剤の性能を最大限に引き出す大切な処置です。当院では、可能な限りラバーダムにより歯の保護を行っております。

※部位によってはラバーダムが使用できないことがありますが、その場合はZOOという特殊な道具を使用し、歯を守るようにしています。

MTAセメントによる直接覆髄に対応しております。

MTAセメントむし歯が深くなると、歯の神経の部分に達してしまうことがあります。歯の神経を残すことは、歯の寿命を伸ばす上でとても大事なことであり、当院では、可能な限り歯の神神経を保存するように努めております

MTAセメントと呼ばれる生態親和性のよい材料で、露出した神経を保護する治療(直接覆髄)を行っております。

※歯の神経の保存処置は、必ず成功するわけではありません。

マイクロスコープ・拡大鏡を使用した精密歯科治療に対応しています。

マイクロスコープ治療する上で、患部が見えることは非常に大切です。見えていないむし歯は絶対に削れません。

マイクロスコープまたは高拡大率のサージテル拡大鏡を使用して治療を行います。

これにより、むし歯の取り残しを防ぎ、さらに精密につめものをすることができます。肉眼と拡大視野の違い

むし歯染色液を使って、極力健康な歯質を削らない治療を行っています。

むし歯検知液深いところにあるむし歯は色が健康な歯質ととても似ているため、従来はかなり多めに歯を削らないとむし歯の取り残しが起こってしまっていました。

当院では、むし歯を染色するお薬を使用し、染まったところだけを極小のドリルや歯科用スプーンを使って、取り除いていきます。むし歯を確実に除去し、健康な歯質を極力残すように細心の注意を払っています

ページトップへ戻る

  1. 山下歯科
  2. 審美歯科専門サイト
  3. ダイレクトボンディング