ラバーダムは、病気を治すために非常に重要な処置です。

ラバーダムラバーダムとは、左の図のように歯にゴムのシートをかける処置です。違和感がでそうと思われるかもしれませんが、非常に重要な処置なのです。ご理解いただければと思います。

※)ラバーダムは基本的にむし歯治療のための処置です。歯周病治療や外科処置では使用出来ません。

歯への細菌感染を防ぎます。(根管治療)

ラバーダムの効果むし歯の原因は、口の中にいるむし歯菌(細菌)です。口の中には大量の細菌がいて、それが歯の表面で増殖することにより、病気を引き起こします。

根管治療を行うということは、歯の中の神経の組織はなくなってしまうということですが、神経の組織がないということは血流もなく、歯の免疫力が全くない状態になります。免疫力が全くないところへ、口の中の細菌が入り込むと増殖し放題になってしまい、病気は再発してしまいます。

ラバーダムにより口の中の細菌(特に唾液中にいる細菌)から歯を隔離し、細菌感染の確率を大幅に減らし、根管治療の成功率を飛躍的に上げることができます。

当医院では、根管治療(根管治療)時には必ずラバーダムを使用します。例え、根っこだけの状態(残根状態)になってしまっていても、コンポジットレジンによる隔壁法により、 ラバーダムの器具がしっかりかかるように致します。

歯を乾燥させることが出来ます。

口の中はその温度と唾液の存在により、湿度が100%に近い状態です。これは、さまざまな処置(例えば接着処置・根管治療時)を行う上で、大きな障害となります。

ラバーダムを使用することで、湿度を下げる事ができ、治療の質が向上します。

薬液・汚染物・小さな器具の誤飲を防ぎます。

ラバーダムより下の唾液などがラバーダムより上に上がってこないのと同様に、上のものは下に落ちません。薬液や歯科用の器具をお口の中に落とし込むような事故を防ぎます。

金属アレルギーの患者さんの場合、金属を削る(古いかぶせの除去など)ときにでる削りカスを口の中で飛び散るのを防ぐことにも有効です。

治療しやすくなります。

ラバーダムを使用すると、ゴムによりほっぺたの粘膜や舌を排除できます。そのため、左手でほっぺたの粘膜を引っ張る必要がなくなり、左手が自由になります。このことで、左手に器具を持つことが出来、より効率的に精度の高い治療を行うことが出来ます。

ラバーダムはあくまで治療のひとつのステップです。

ラバーダムを使用すると、確かに治療の質は上がりますが、所詮は治療のひとつのステップに過ぎません。むし歯治療、根管治療において、ラバーダム以外にも重要な要素は沢山あります。当院では、もちろん全てのステップにおいて、治療技術の研鑽に努めております。

ラバーダムを使用しづらい状況下ではZOOを使用しています。

ZOO当院では根管治療時には100%ラバーダムを使用しておりますが、つめものの治療時には使用できない状況もありますので、適切な診断の上で使用するかどうかを決めております。ラバーダムを使用できない状況でのむし歯治療時は、ZOOと呼ばれる防湿器具を変わりに使用しています。

(重要)ラバーダムなしでの根管治療に注意!

日本では健康保険の激安治療がメインとなっている関係上、根管治療時にラバーダムを使用しない歯科医院が非常に多いです。健康保険では、ラバーダムを使用しても治療費が一切加算されず、材料費と手間をかけた分だけ赤字になるので使用しない先生を責めづらいです。激安治療費のため、成功率が大幅に下がることも受け入れざるを得ないとの考え方もできます。

しかし、自由診療の根管治療であっても、ラバーダムを使用しない場合があります。マイクロスコープやCT、ニッケルチタンファイルなどの最新の派手な治療器具を宣伝文句にしていても、基本的なラバーダムや器具の滅菌管理を行っていないということです。しかし、基本的なことができていなければ、治療の成功率は上がりません。

マスコミによってインプラントが叩かれてマイナスイメージになってきている中、いい加減やり方での自由診療の根管治療を行う歯科医院が増えてくる可能性が専門医の先生方の中で問題視されてきています。患者さんそれぞれが担当の歯科医師にしっかり治療内容を確認し、納得した上で治療を受けられることをお勧めいたします。

スタッフ募集

診療科目