つめものの治療と神経の保存

山下歯科のMTA直接覆髄で歯の神経を残します。

深いむし歯になると、神経を取ってしまう必要がありました。しかし、神経を取った歯は寿命が極端に短くなってしまいます。そのため、当院では積極的に神経を保存する治療を行っています。

神経の近くまでむし歯が進んでいても、極力神経を残します。

露髄歯の神経を取ってしまうと、歯の強度が下がり、細菌への防御反応がなくなってしまうことにより、歯の寿命が一気に短くなってしまいます。

神経の近くまで虫歯が進んでいる場合でも、すぐに神経を取ることはせず、神経を保護する薬剤を使い経過観察を行います。(直接覆髄・間接覆髄(ふくずい))

※強い痛みの症状が出ていたり、神経の所に大きく穴が開くほどむし歯が進んでいる場合は、神経を残すことが難しいこともあります。

MTA直接覆髄により、より成功率を高めます。

セラカルLC覆髄処置の際に神経の組織を保護するお薬ですが、MTAセメントと呼ばれる非常に生体親和性が高い材料が開発されています。従来からの水酸化カルシウム製剤と比べ、飛躍的に成功率を高めることが出来るようになりました。

覆髄処置を行うと、穴をふさいだ部分に新しく歯が再生されてくるのですが、従来の薬剤よりも再生のされやすさ、再生された歯の質が圧倒的に良好です。

歯の寿命は、神経を出来るだけ保存し、削る量を少なくすることで長くなります。ミニマムインターベーション(MI)治療において、MTAセメントは非常に画期的な材料だと言えます。

価格:1本 20,000円(税別)

セラカルLC

セラカルLC上記のMTAセメントを配合したコンポジットレジンのセラカルLCという材料があります。MTAセメント単体と比べて、操作性が非常に優れた材料です。症例に応じて、適切な材料を選択いたします。

ページトップへ戻る

  1. HOME
  2. むし歯治療
  3. MTA直接覆髄
スタッフ募集

診療科目