大阪市都島区の山下歯科。根管治療症例集。

入れ歯症例集

根管治療症例集

山下院長の根管治療の症例です。

かむと違和感がする

根の治療症例1

神経を取る治療を行った直後、治療が終わったはずなのにかむと違和感がするとのことで来院されました。レントゲン上で、根管拡大の不足と赤丸の部分に骨の中に膿がたまっている像が確認されました。

根の治療症例1

ラバーダムとマイクロスコープを使用した精密根管治療により、症状は改善しました。根管充填後のレントゲン写真です。

根の治療症例1

適切にコンポジットレジンによる土台をセットし、型を取りました。ちなみに、土台の後ろの歯は当院でマイクロスコープ下でのダイレクトボンディング治療を行いました。美しく治療できております。

根の治療症例1

ハイクオリティなオールセラミッククラウンにより、補綴いたしました。形態・咬合・生態親和性・審美性、全てにおいて高精度な治療により美しく仕上がりました。出来るだけ元の状態に戻すということが、医学の基本であり、不適切な根管治療、不良なかぶせ治療はあってはならないと考えております。

パーフォレーションリペア症例

根の治療症例3

根の先に大きな黒い影(病巣)があります。前医による器具の操作により根の先に穴が開いてしまっており(パーフォレーション)、骨に細菌感染を起こすと共に、根の中につめるお薬が骨の中に飛び出してしまっています。

根の治療症例3

途中経過です。根の先からお薬が飛び出ているのがよくわかると思います。マイクロスコープを使用し、丁寧にかき出して行きます。この歯は根の管の数が4本もある特殊な状態でした。4本とも全てパーフォレーションしている状態でした。

根の治療症例3

可能な限り古いお薬を除去し、しっかり消毒した後、MTAセメントと呼ばれる生態親和性の高い特殊なお薬で管の中を充填しました。病巣は小さくなる傾向にあります。

医療に100%はありえませんが、適切に治療することで歯の寿命も少しでも長くすることができます。

破折ファイル除去症例

根の治療症例2

根の先に膿がたまっているのですが、折れたKファイルと呼ばれる器具が邪魔になって、根の管のお掃除が出来ません。

根の治療症例2

マイクロスコープと超音波器具で折れたKファイルを取り除きました。

根の治療症例3

根管充填し、根管治療を終わりました。病巣も縮小傾向です。

違和感が出る症例

体調が悪いときになんとなくむずがゆい違和感が出るとのことでした。

根の治療症例4

根管治療を終わりました。病巣は縮小傾向です。

歯ぐきが大きく腫れた症例

初診時に拝見しましたときは、歯ぐきがパンパンに晴れている状態でした。

根の治療症例5

根管治療後、腫れや症状は治まり、問題なく病巣は治ってきています。