大阪市の山下歯科。MTA直接覆髄について。

MTA直接覆髄

MTA直接覆髄

神経を取らないといけないと言われても、実は残せるかもしれません。

MTA直接覆髄とは

BioMTA

従来の治療法では、深いむし歯になると神経を取ってしまうしかない状況が多々ありました。

しかし、ご自身の神経の細胞を取ることで細菌への防御反応がなくなり、神経を取った歯は寿命が極端に短くなってしまいます。

当院では、最新のMTAセメントを使用した治療法により、神経の近くまで虫歯が進んでいる場合でも、神経を保護する薬剤を使って保存をを行います。(直接覆髄・間接覆髄(ふくずい))

※強い痛みの症状が出ていたり、神経の所に大きく穴が開くほどむし歯が進んでいる場合は、神経を残すことが難しいこともあります。

MTAセメントとは

覆髄処置の際に神経の組織を保護するお薬ですが、MTAセメントと呼ばれる非常に生体親和性が高い材料が開発されています。従来からの使われている薬剤と比べ、成功率を高めることが出来るようになりました。

MTAセメントは生態親和性が高く、細胞などの組織と接触しても、異物反応を起こしにくいです。覆髄処置を行うと、穴をふさいだ部分に新しく歯が再生されてくるのですが、従来の薬剤よりも再生のされやすさ、再生された歯の質が良好です。

歯の寿命は、神経を出来るだけ保存し、削る量を少なくすることで長くなります。ミニマムインターベーション(MI)治療において、MTAセメントは非常に画期的な材料だと言えます。

MTAセメントの利点

  • 生態親和性が高く、画期的な薬剤です。

MTAセメントの欠点

  • 高価です。(1袋1g 10,000円程度します。)
  • 健康保険適用外なので、自由診療での使用になります。
  • 操作性が非常に悪いので、使用には熟練が必要です。(材料屋さんによると、MTAセメントの発注数は圧倒的に多いので、相当数症例をこなしています。)
  • 製品によっては歯を変色させる場合があります。(当院では、変色させないタイプのMTAセメントを使用しています。)

MTA直接覆髄の術式

術前に症状やレントゲン写真、電気歯髄診などの検査結果より、神経を残せるかどうかある程度予測をつけます。

歯髄の露出

神経の組織はとても繊細で細菌感染にとても弱いです。ラバーダム防湿下で唾液など細菌感染の原因となるものから隔離した上で処置をします。当然、しっかり滅菌された器具を使用します。無菌的な操作が成功率に大きく関わります。

マイクロスコープで拡大しながら、むし歯をきれいに取ります。強拡大下で神経の状態をしっかり確認し、本当に神経を残せそうか見極めていきます。

MTAセメントの充填

しっかり消毒・洗浄した後、生態親和性の良いMTAセメントと呼ばれる生態親和性の良い材料で神経の組織をカバーしていきます。