マイクロスコープによる精密な歯科治療を提供しています。

近年の歯科における先進機器のひとつにマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)が挙げられます。当院では、積極的にマイクロスコープを使用して、治療を行っています。

見えることの大切さ。

マイクロスコープ診療従来の裸眼における歯科治療では、見えないところを指先の感覚といったあいまいなものを頼りに治療を行っていました。歯科治療では、1〜2cm程度の小さな歯をいう臓器を相手にしており、さらにその歯に感染した微量な細菌(むし歯・プラーク・歯石)を相手に戦っています。指先の感覚で、正確な治療はとても出来るものではありません。

マイクロスコープにより、小さなものを大きく拡大してみることで、今まで何となく治療していたものを目で見て確実に治療できるようになります。従来と比較すると、圧倒的に精密で質の高い治療を行うことが出来るのです。

根管治療

マイクロスコープ根管治療根管治療とは、直径0.2mm程度の根管と呼ばれる神経の管の内部をお掃除する治療です。肉眼やルーペでは根管の入り口は見えても、根管の内部は完全に手探りで治療をしていました。マイクロスコープの登場により、多くの症例で根管の内部の状態を把握できるようになり、場合によっては、一番尖端まで見えるようになりました。病気の原因となっている感染源や、またはパーフォレーション(穿孔)、折れた器具なども確認することが出来るため、今までは対処が難しかったトラブルにも確実に対処できるようになってきました。

根管治療においては、マイクロスコープの登場により、治療法に革命が起こったといえるでしょう。

ダイレクトボンディング

マイクロスコープダイレクトボンディングダイレクトボンディングとは、むし歯を取って、コンポジットレジンと呼ばれる材料を充填する治療法です。拡大視野下にてむし歯を正確に把握し、むし歯は除去し、健康な歯は極力削らない治療を行うことが出来ます。また、歯とのギャップを最小限にして、精密にコンポジットレジンを充填することが出来ます。

※マイクロスコープでは立体感の把握が難しい場合がありますので、場合によっては高拡大率のルーペによるダイレクトボンディング治療を行う場合があります。

ページトップへ戻る

  1. HOME
  2. むし歯治療
  3. マイクロスコープ
スタッフ募集

診療科目