大阪市都島区の山下歯科。審美歯科症例集。

審美歯科症例集(かぶせ)

審美歯科症例集(かぶせ)

山下院長の審美症例です。

症例集目次

当院の審美的なかぶせものはより自然なこと、医学的に正しい処置で長持ちさせることを目標として処置を行っております。前歯6本を全部削って作り物のようなかぶせものを入れる症例は比較的難易度は低いので、あえて載せておりません。

歯というのは人それぞれの性別・年齢・お口の形などの固有の条件により、適切な色や形は決まってきます。人工物を天然の歯に調和させるオーダーメイド治療こそ技術力が必要となってきます。

オールセラミッククラウンビルドアップ

オールセラミッククラウンビルドアップ

左上前歯の見た目が悪いのできれいにして欲しいとのことで当院を受診されました。かぶせる準備をし、クラウンのセット前です。

オールセラミッククラウンビルドアップ

オールセラミッククラウンをセットしました。前歯1本だけのクラウンは、反対側と左右対称にあわせないといけないため、左右対称にクラウンをセットするよりも難易度が非常に高いです。精密な型取り、色あわせのテクニック、歯科技工士との連携が要求されます。歯ぐきの変色は前に入っていた保険のクラウンの成分によるもの(メタルタトゥ)です。治療にはリスクも大きいため、今回はそのままにしております。粗悪な保険のクラウンにより、取り返しのつかない状態になることもあります。出来るだけ、最初から良い治療を受けることをお勧めします。

上顎セラミッククラウン、下顎入れ歯治療

オールセラミッククラウンと入れ歯

上の歯のかぶせ見た目が悪くなったのできれいにして欲しい、下の入れ歯が全く合わずにお食事できないとのことで当院を受診されました。かぶせる準備をし、クラウン・ブリッジ・入れ歯のセット前です。

オールセラミッククラウンと入れ歯

オールセラミッククラウンと入れ歯

上の前歯には透明感のあるオールセラミッククラウンをセット、上の奥歯は少しコストを抑えるためにハイブリッドセラミックブリッジをセット、下の奥歯に入れ歯をセットしました。前処置として、上の前歯の歯ぐきの審美形成外科処置を行っております。

元々、古いかぶせもののかみ合わせの面の形が斜めで、下の歯にちゃんとした入れ歯を入れることが出来ず、大変な状態になっていました。かみ合わせの面をしっかり合わせるようにかぶせと入れ歯をコンビネーションで製作しました。お食事問題なくできるようになり、入れ歯の金具も目立たないような加工をしましたので、思いっきり「イー」としない限り、それほど目立たないようになっております。

見た目も大事ですが、それ以上に快適にお食事でき、歯の健康を守るということも大事です。見た目だけ良ければ他を犠牲にするということではなく、可能な限り、全てを高い水準に持っていく治療を行っております。

前歯部審美障害治療

前歯部審美障害治療症例

正中離開症例ですが、左上前歯のかぶせに余分な歯のパーツがつけられ、色の不適合、歯肉のブラックマージンまで出ており、非常に見た目が悪い状態でした。

前歯部審美障害治療症例

右上の前歯は健康な歯であったので、ダイレクトボンディング法で歯を削らずに治療しました。左上の前歯はオールセラミッククラウンビルドアップにより治療しました。良くある審美歯科では、前歯6本全部削ってかぶせるため、左右対称にすることは簡単です。治療費も非常に高額になる上、大きく歯を削るため、歯の寿命が大幅に短くなります。

歯へのダメージを最小限にするには、左右で異なった条件で治療を行うこともあり、その上で形態や色調をあわせるには、歯科医師・歯科技工士共に非常に高度な技術が求められます。

前歯部ラミネートベニアブリッジ

前歯部ラミネートベニアブリッジ

1本歯を抜かなければならなくなった症例です。普通であれば、健康な両隣の歯を大きく削って、3本連結のブリッジの治療を行うケースです。

前歯部ラミネートベニアブリッジ

今回は、歯の裏側を少しだけ(ラミネートベニアを裏側に作る)削り、その部分にブリッジを接着しました。かみ合わせの力が強くないことなど条件はありますが、この治療なら健康な歯を大きく削ることなく失った歯を補うことが出来ます。また、今回はわざと歯周病による歯の根っこの露出や歯の着色を表現しております。

周りの歯と調和させて、人工物だとわからなくすることも審美歯科の重要な治療だと考えております。前歯を全部削って、真っ白の歯にすることだけが審美歯科ではないと考えております。

オールセラミッククラウンステイニング多数歯症例

オールセラミッククラウン症例3

むし歯がひどく全体的にきれいにしたい方の症例です。前方観治療前。

オールセラミッククラウン症例3

前方観治療後。

オールセラミッククラウン症例3

上顎治療前。

オールセラミッククラウン症例3

上顎治療後。

オールセラミッククラウン症例3

下顎治療前。

オールセラミッククラウン症例3

下顎治療後。ダイレクトボンディングで可能なところは処置して歯を削る量を少なくし、むし歯が大きいところはセラミッククラウンで処置しています。沢山の歯を治療するには、精密なかみ合わせ調整を行う必要があります。単に白い色のかぶせものを作るということではなく、しっかりかめる機能的にも満足のいく治療を行う必要があります。色は白くなったけれど、かみにくい、食事が出来ないということでは困ります。

オールセラミッククラウンステイニング 1本

オールセラミッククラウン症例2

根管治療後にファイバーコアをセットし、クラウンのセット前です。

オールセラミッククラウン症例2

オールセラミッククラウンのセット後です。セラミック治療と一言で言っても、単に白いだけのかぶせものなのか、土台との適合性、かみ合わせ、素材の選択を考えた上でリアルな色調を追求してかぶせてあるかわからないように治療していくのかというところで、歯科医師と歯科技工士の技術力の差が出てきます。

オールセラミッククラウンステイニング 複数歯

オールセラミッククラウン症例1

奥歯のオールセラミッククラウンの症例です。上顎セット前。

オールセラミッククラウン症例1

上顎セット後。

オールセラミッククラウン症例1

下顎セット前。

オールセラミッククラウン症例1

下顎セット後。最新のセラミック素材は奥歯でも十分な強度を持ち、透明感があり美しく、自分の歯が再生したかのような治療を行うことが可能です。

ページトップへ戻る

  1. 山下歯科
  2. 審美歯科専門サイト
  3. 審美歯科症例集(かぶせ)