大阪市の山下歯科。滅菌専門サイト。

滅菌

滅菌専門サイト

院内の清潔管理・治療に関わる大事な器具の滅菌を徹底して行っています。

歯科における滅菌

感染管理の方針

ハンドピースの滅菌不備などについて、メディアで取り上げられています。歯科における感染管理の特殊性を解説いたします。

歯科における滅菌についてはコチラ

環境消毒

環境消毒

接触感染・飛沫感染を防ぐために、院内全体を可能な限り消毒します。グローブ交換・エアロゾル対策を徹底しています。

環境消毒についてはコチラ

滅菌保証

滅菌保証

当院では様々なガイドラインに基づき、歯科医院では稀な滅菌保証を行っております。滅菌保証を行う当院の滅菌システムについて説明いたします。

滅菌保証について詳しくはコチラ

健康保険と滅菌

健康保険と滅菌

日本の歯科健康保険診療では、制度・診療報酬の問題で、しっかりとした滅菌・感染対策を行うことが不可能な状況です。詳しく、解説いたします。

保険診療と滅菌ついて詳しくはコチラ

清潔な院内環境作り、徹底した器具の滅菌により、安心して受診していただけます。

近頃、新型コロナウイルス感染症の流行により、医療機関での感染管理について、注目されています。

また、新聞やニュースで歯科医院における歯を削るときのハンドピースの滅菌などの含め、感染対策が不十分だという指摘がたびたび新聞や雑誌、テレビなどで取り上げられております。

歯科における二大疾患として、むし歯と歯周病が挙げられます。むし歯と歯周病、どちらも原因は細菌です。細菌感染症の治療の成功率を高めるには、細菌がついていない清潔な器具を使い、清潔な環境で治療する必要があります。

また、歯科は唾液や血液などの体液にまみれて治療する外科系の診療科です。感染対策が不十分な場合、唾液や血液などの体液から、インフルエンザ・B型C型肝炎・AIDS・梅毒などの病気が患者さん間や医療従事者間で感染してしまう可能性があります。清潔な環境の整備は歯科医院にとって非常に大切です。

当院では、スタンダードプリコーションの考え方に基づいて、徹底的に清潔環境の管理を行っております。また、歯科医院では日本でほとんど行われていない滅菌保証を行っております。院長は日本医療機器学会認定 第2種滅菌技士であり、滅菌管理の専門家です。安心して受診していただけます。

以下のガイドラインに準拠し、滅菌保証を行っています。

クラスBオートクレーブ(高性能滅菌器)を持っている医療機関であれば、全ての医療機関で同じ滅菌の質が保証されるでしょうか?実際そんなことはなく、滅菌を行うための知識や技術は存在し、不適切な方法で滅菌を行うと機械が高性能でも全く滅菌出来ません。当院では、以下の洗浄・滅菌のガイドラインに準拠し、可能な限り質の高い滅菌を提供しております。

  • 医療施設における消毒と滅菌のためのCDCガイドライン 2008 (アメリカ)
  • 日本医療機器学会 医療現場における滅菌保証のガイドライン2015
  • 日本医科器械学会 鋼製小物の洗浄ガイドライン 2004
  • 日本医科器械学会 洗浄評価判定ガイドライン

新型コロナウイルス対策について

歯科は感染症を取り扱う診療所です。当院では、常日頃より医療機関として国内最高レベルの感染対策を行っております。また、自由診療中心の少人数制のクリニックのため、1日の患者数が少なく(5~10人程度)、当院での新型コロナウイルスへの感染の危険性は非常に低いと考えられます。安心して受診下さい。

山下歯科院長:山下英明

歯科医師 山下英明歯科の病気の多くは細菌感染が原因であり、器具や診療環境を清潔にすることは治療結果に直結します。しかし、消毒・滅菌に対する国や健康保険制度においては理解が乏しく、清潔な環境を構築することが難しいのが現状です。

当院では、自由診療をメインとしていることにより、国の制限にとらわれることなく、徹底して消毒・滅菌を行うことが出来ています。安心して、受診していただけます。

所属学会等

  • 国立大阪大学歯学部卒業
  • 日本医療機器学会認定 第2種滅菌技士
  • 日本歯内療法学会
  • 日本臨床歯周病学会
  • BPS(Biofunctional Prosthetic System)国際認定歯科医師
  • 有床義歯学会
  • 歯科外来診療環境体制加算届出歯科医院

ページトップへ戻る

  1. 山下歯科
  2. 滅菌専門サイト