コンポジットレジン充填は歯を削る量を非常に小さく出来ます。

隣接面のむし歯従来よりあるインレー修復治療とコンポジットレジン充填では、歯を削る量が全く違ってきます。

例えば、左の図のように、歯の横の面(隣接面)にむし歯が出来たとき、それぞれの治療法で削る量を見ていきましょう。

インレー修復治療により歯を削る量

インレーの形インレー修復とはむし歯を取ってから型を取って模型を作り、歯科技工士が模型上でインレーと呼ばれるつめものを製作し、それを接着する治療法のことです。

型を取ってからつめものを作り、歯に戻すという工程の都合上、歯のかむ面から引っかかる場所(アンダーカット)をなくしたり、つめものが外れにくい形態を作るために、健康な歯質も大きく削る必要があります。

これは保険適用のメタルインレー(銀歯)だけでなく、自由診療のハイブリッドセラミックインレーやセラミックインレー でも同様に起こる問題点です。

コンポジットレジン充填で削る量

コンポジットレジン充填の形コンポジットレジン充填は、インレー修復と違い、むし歯を取った後型を取らずに直接樹脂の材料を歯につめていく治療法です。

型を取らないため、アンダーカットがあっても問題なく、接着力が非常に強い材料を流し込むため、健康な歯を削る量を最小限にすることができます。

コンポジットレジン充填の利点・欠点

歯を削る量以外にも、コンポジットレジン充填にはさまざまな利点があります。

  • 金属を使わないため、金属アレルギーの心配がない。
  • 色が白く、見た目がよい。
  • インレー修復と違い、接着界面が1つになるため接着力を高めやすい。
  • 材料の硬さが歯に近いため、かみ合わせた歯を傷つけにくい。

欠点は以下のようなものがあります。

  • 食生活により、変色しやすいことがある。

当院では、多くの利点を持つコンポジットレジン充填を積極的に勧めております。

ページトップへ戻る

  1. HOME
  2. むし歯治療
  3. つめものの治療と神経の保存
  4. インレー修復とコンポジットレジン充填の違い
スタッフ募集

診療科目