審美歯科

審美歯科でお口元を美しく。(銀歯を白へ。ホワイトニング。)

笑顔のカップル歯科治療は、むし歯や歯周病などの病気を治すことが基本です。病気を治しつつ、より自然で美しい口元を作り出していくのが山下歯科の審美歯科です。

痛くなければいいってものではありません。歯がきれいになることで、自信を持って笑う事ができるようになり、精神的にも元気になれます。

医学的に正しい治療の基礎の上での審美治療を提供します。

見た目がよければ何でもよいわけではありません。当然のことですが、医学的に正しい治療を行った上で美しい見た目を作り出していくということが真っ当な歯科医師の行う治療です。以下のような白ければ何でも良いという治療はあってはならないことだと考えております。

  • むし歯を取り残したまま付けたセラミックインレー → 噛んだときの痛み・しみる症状が止まらないため、すぐにはずす羽目に…。
  • 根管治療が不十分なところにかぶせたオールセラミッククラウン → 根の病気が再発し、オールセラミッククラウンをすぐに壊す羽目に…。
  • 歯周病治療をせずに入れたロングスパンのメタルボンドブリッジ → ブリッジによる固定で歯周病をごまかすため、後々ご自身の歯を一度に沢山抜歯する羽目に…。
  • 健康な歯の神経を全部取ってオールセラミッククラウン(補綴矯正)へ → ずさんな根管治療により健康な歯が短期的に抜かなければいけない状態に…。

ただ白くするだけの審美歯科で歯の健康を害し、トラブルを抱えてこられる患者様が当院には沢山いらっしゃいます。歯を白く美しくしたいという気持ちに加えて、ご自身の歯の健康を意識していただければと思います。

各医院の自由診療の同じメニューが同じ内容ではありません。

基本的なことですが、それぞれの歯科医師の腕前が違い、診療方針も違います。同じセラミッククラウンでも、A歯科でのものは1年でだめになり、B歯科のものは15年持つということは当然ありえます。そして、A歯科の方が治療費が高額である場合もあります。

当院院では、基本的な歯科疾患の治療に対して、非常に力を入れています。審美治療には治療費がかかりますが、その治療に安心できるかどうかということが重要だと思います。

最高に美しい歯へ。白いだけでなく、さらに美しく。

良い材料が出てきたおかげで、つめもの・かぶせものが白いことは当たり前で、本当に自然な色調・歯の模様を表現できるようになってきました。

本当の意味での自然の美しさを追求して、常日頃から技術を研鑽しております。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディング症例

ダイレクトボンディングという治療法により、前歯のすきっ歯など、歯を削らずに美しく仕上げることが出来るようになってきました。

ハイブリッドセラミッククラウン

オールセラミッククラウンハイブリッドセラミッククラウンと呼ばれるプラスチックと陶器(セラミック)の素材を混ぜた材料で出来たかぶせものです。見た目は白く美しく、硬さは歯に近いため、かみ合わせた相手の歯に優しいです。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンオールセラミッククラウンと呼ばれる全て陶器(セラミック)の素材で出来たかぶせものです。陶器は歯と同様に透明感があり、さらに変色にも強いという性質により、審美治療にはなくてはならない素材です。

当院は、自由診療専門にかぶせものを製作している歯科技工士と共同して、入っているのがわからないレベルを目指して、治療しております。

ホワイトニングについて。(自由診療)

ホワイトニング誰しも白い歯にあこがれると思います。

歯には食べ物・飲み物などの色素や、煙草のヤニなどが付着して、自然と色がついてしまいます。それは通常の歯磨きでは完璧に落とすことはできません。

ホワイトニングの薬剤により、歯に染み付いた色素を分解し、白く輝く歯を演出いたします。

マイクロスコープ・拡大鏡を使用した精密歯科治療に対応しています。

マイクロスコープマイクロスコープまたは高拡大率のサージテル拡大鏡を使用し、精密な治療を行うことが出来ます。

折角、見た目をきれいにしても、すぐにだめになってしまっていけません。医学的に正しい方法で、可能な限り長持ちするような処置を心がけております。肉眼と拡大視野の違い

ページトップへ戻る

  1. HOME
  2. 審美歯科
スタッフ募集

診療科目