審美歯科(かぶせものの特徴)

山下歯科で扱っているかぶせものの特徴です。

山下歯科では、以下の種類の審美かぶせ(クラウン・ブリッジ)を取り扱っています。

  • ハイブリッドセラミッククラウン(自由診療)
  • メタルボンドクラウン(自由診療)
  • オールセラミッククラウン ステイニング(自由診療)
  • オールセラミッククラウン ビルドアップ(自由診療)

自由診療の標準タイプとハイクオリティタイプの違い

標準タイプとハイクオリティタイプの違いはお願いする歯科技工所の違いです。当院でお願いしております歯科技工所は、全て高精度な素晴らしい歯科技工物を提供してくださるところですが、その中でもハイクオリティタイプは自由診療専門の審美領域の得意な歯科技工所へお願いしております。

ハイブリッドセラミッククラウン(自由診療)

ハイブリッドセラミックスクラウン硬いプラスチックにセラミックス(陶器の材料)の粉を練りこんだ素材です。強度は高いのですが、歯よりも少し柔らかい素材であるため、天然の歯とかみ合わせたときに歯を傷つけません。

ハイブリッドセラミッククラウンの利点

  • 色調が自然です。
  • 天然の歯とかみ合わせても、天然の歯が削れにくいです。
  • 噛んだときのあごへの負担が少ないです。
  • 金属アレルギーを起こしません。

ハイブリッドセラミッククラウンの欠点

  • 年数が経つと、少し変色してきます。
  • オールセラミッククラウンと比べると耐久度が低いです。

価格:80,000円 (税別)

メタルボンド(自由診療)

メタルボンド金属フレームの表面に色調表現用セラミックス(陶器の材料)をはりつけたかぶせものです。

メタルボンドの利点

  • 色調が自然で、変色しません。
  • 昔からある材料なので、信頼性が高いです。

メタルボンドの欠点

  • 歯と歯ぐきの境界部分で金属フレームの色が透けて、黒く見えることがあります。
  • 金属アレルギーの原因になる事があります。

価格:160,000円 (税別)

オールセラミッククラウン ステイニング(自由診療)

e-max強化セラミックス(陶器の材料)のかぶせの表面に色調表現用セラミックスで歯の表情を描いたものです。

オールセラミッククラウン e-max ステイニングの利点

  • 色調が自然で、変色しません。
  • 強度が高いです。
  • 金属アレルギーを起こしません。

オールセラミッククラウン e-max ステイニングの欠点

  • 硬いため、かみ合わせた歯へ負担がかかることがあります。
  • 周りの歯に色調をあわせる事が難しいです。奥歯や左右の歯を同時にやりかえるときにお勧めです。

価格:120,000円 (税別)

オールセラミッククラウン ビルドアップ(自由診療)

オールセラミッククラウン強化セラミックスのフレームの上に色調表現用セラミックスをはりつけたかぶせものです。 全てのかぶせものの中で、最も美しく出来ます。

オールセラミッククラウン ビルドアップの利点

  • 最も色調が自然で、変色しません。歯の透明感まで再現可能です。
  • 強度が高いです。
  • 金属アレルギーを起こしません。

オールセラミッククラウン ビルドアップの欠点

  • 硬いため、かみ合わせた歯へ負担がかかることがあります。

価格:160,000円 (税別)

レジンコア(歯の土台)(自由診療)

レジンコア神経を取る治療が終わった歯には、むし歯でなくなった部分を埋める土台(コア)を入れる必要があります。昔からメタルコアと呼ばれる金属の土台が一般的によく使われていますが、入れるために歯を沢山削る必要があり、さらに金属は歯より硬いため噛んだときに歯にダメージを与えてしまい、歯が割れる確率が大きく上がってしまいます。当院では歯を削る量を減らすことが出来るレジンコアを採用しています。(保険適用)

レジンコアの利点

  • 歯を削る量を抑えることが出来ます。
  • 即日で処置が終わるため、根管内への細菌感染の機会を減らせます。
  • 硬さが歯と近いため、噛んだときの衝撃を吸収できます。

レジンコアの欠点

  • 取り扱いが少し難しいため、熟練が必要です
  • 割れることがあります。(歯が割れる代わりに土台が割れてくれたと考えると、利点になります。)

価格:20,000円 (税別)

ファイバーコア(歯の土台)(自由診療)

ファイバーコア従来の金属製のポスト(軸)は、硬すぎて歯の根っこへの負担が大きく、割れる確率が高いです。ポストをグラスファイバーと呼ばれる歯の硬さと近い材料を用いることで、噛んだときの衝撃を吸収することが出来るようになり、歯の割れる確率を下げることができます。

ファイバーコアの利点

  • 歯を削る量を抑えることが出来ます。
  • 即日で処置が終わるため、根管内への細菌感染の機会を減らせます。
  • 硬さが歯と近いため、噛んだときの衝撃を吸収できます。
  • レジンコアよりポスト部の素材が歯の硬さに近いため、さらに歯が割れにくくなります。

ファイバーコアの欠点

  • 取り扱いが少し難しいため、熟練が必要です
  • 割れることがあります。(歯が割れる代わりに土台が割れてくれたと考えると、利点になります。)

価格:20,000円 (税別)

ページトップへ戻る

  1. HOME
  2. 審美歯科
  3. 審美歯科(かぶせものの特徴)
スタッフ募集

診療科目