歯冠長延長術・矯正的挺出

抜歯といわれた根っこだけになった歯でも、残せるかもしれません。

ラバーダムむし歯や歯が割れてしまったことで、歯ぐきより大分深いところに歯のふちがある状態では、適合性の良いかぶせが作れなかったり、歯ぐきが炎症をおこしたりすることで、非常に寿命が短くなってしまうといわれています。

逆に考えると、歯のふちを歯ぐきより上に持ってくる処置を行えば、しっかり保存可能になってきます。その治療法が、歯冠長延長術(クラウンレングスニング)矯正的挺出(エキストルージョン)です。

もちろん全ての歯にこれらの治療法が適応できるわけではございませんが、お悩みの方は是非一度ご相談ください。

歯ぐきを下げる歯冠長延長術(クラウンレングスニング)

歯冠長延長術(クラウンレングスニング)歯冠長延長術(クラウンレングスニング)は、外科処置で歯ぐきの位置を下げることで、歯のふちを歯ぐきより上に出していく処置のことです。

価格:30,000円 (税別)

根っこを引っ張り出す矯正的挺出(エキストルージョン)

矯正的挺出(エキストルージョン)矯正的挺出(エキストルージョン)は、歯をミニ矯正で引っ張りあげて歯自体を移動させ、歯のふちを歯ぐきより上に出していく処置です。

価格:30,000円 (税別)

歯冠長延長術と矯正的挺出の適応症について。

残っている根っこの長さや、骨の状態、横の歯の状態、かみ合わせ、歯の割れ方などの条件により、適応できるか診断する必要があります。

上記、2つの処置ですが、どちらが絶対に良いということではなく、その歯とその歯の周りの状況によって、適応症が決まってきます。どちらかの処置でいける場合もあれば、併用するのが良い場合もあります。

ページトップへ戻る

  1. HOME
  2. むし歯治療
  3. 歯冠長延長術・矯正的挺出
スタッフ募集

診療科目