症例写真集(かぶせ)

山下院長の症例を掲載していきます。

前歯部審美障害治療症例

前歯部審美障害治療症例

正中離開症例ですが、前歯に余分な歯のパーツがつけられ、色の不適合、歯肉のブラックマージンまで出ており、非常に見た目が悪い状態でした。

前歯部審美障害治療症例

右上の前歯は健康な歯であったので、ダイレクトボンディング法で歯を削らずに治療しました。左上の前歯はオールセラミッククラウンビルドアップにより治療しました。良くある審美歯科では、前歯6本全部削ってかぶせるため、左右対称にすることは簡単です。治療費も非常に高額になる上、大きく歯を削るため、歯の寿命が大幅に短くなります。

歯へのダメージを最小限にするには、左右で異なった条件で治療を行うこともあり、その上で形態や色調をあわせるには、歯科医師・歯科技工士共に非常に高度な技術が求められます。

オールセラミッククラウンステイニング症例2

オールセラミッククラウン症例2

セット前。

オールセラミッククラウン症例2

セット後。セラミック治療と一言で言っても、単に白いだけのかぶせものなのか、土台との適合性、かみ合わせ、素材の選択を考えた上でリアルな色調を追求してかぶせてあるかわからないように治療していくのかというところで、歯科医師と歯科技工士の技術力の差が出てきます。

オールセラミッククラウンステイニング症例1

オールセラミッククラウン症例1

奥歯のオールセラミッククラウンの症例です。上顎セット前。

オールセラミッククラウン症例1

上顎セット後。

オールセラミッククラウン症例1

下顎セット前。

オールセラミッククラウン症例1

下顎セット後。最新のセラミック素材は奥歯でも十分な強度を持ち、透明感があり美しく、自分の歯が再生したかのような治療を行うことが可能です。

ページトップへ戻る

  1. HOME
  2. 症例写真集(かぶせ)
スタッフ募集

診療科目