レジンコア・ファイバーポスト(歯の土台)

歯の神経を取る処置を行った後、つめ物でなくかぶせ物を作る場合にはむし歯になっていた部分を補う為の歯の土台を作る必要があります。

レジンコア・ファイバーポスト

レジンコア スクリューポスト ファイバーポスト当院で取り扱っている土台は、上記2種類です。当院の土台は全てメタルフリーで行っており、従来よりのメタルコア、スクリューポスト等は使用しておりません。

レジンコア

コンポジットレジンと呼ばれる生態親和性が高く、歯の硬さに近い素材のみで土台を作ります。ご自身の歯が沢山残っている場合にしか適応できませんが、最も耐久度が高くなります。

価格(自由診療):20,000円(税別)

レジンコア+ファイバーポスト(自由診療)

レジンコアにファイバーポストと呼ばれるグラスファイバー製の軸(ポスト)を入れるタイプの土台です。

歯に近い硬さ・しなやかさを持ち合わせたファイバーポストにより、歯への負担を減らし、歯が割れてしまう確率を下げます。金属アレルギーの心配もなく、非常に生態親和性の高い素材です。

レジン・ファイバーの部分は光の透過性が高く、セラミック系のかぶせの審美性を最も引き出すことができます。

価格(自由診療):20,000円(税別)

土台の材料へ求められる性質

土台の素材が求められる性質は、歯と接着すること歯と同じくらいの物理的性質を持っていることです。従来より、金属の土台が用いられていますが、金属は歯との接着が難しく、また硬すぎるために歯へダメージを与えて割ってしまう可能性があがります。

むし歯の再発予防のためにレジンコーティングを行っています。

歯の土台の状態では、象牙質と呼ばれる部分がお口の中に露出してしまいます。象牙質は、歯の内側にあるむし歯に弱い部分であり、露出させたままだとむし歯菌が感染してしまう可能性があります。当院では、象牙質の表面にハイドロキシアパタイトやレジン(樹脂)によるコーティング処置を行い、むし歯が再発予防処置を行っています。

ページトップへ戻る

  1. HOME
  2. 審美歯科
  3. レジンコア・ファイバーポスト(歯の土台)
スタッフ募集

診療科目