クラウン・ブリッジ

山下歯科の精度の高いかぶせ治療(かぶせ・ブリッジ)

当院では、可能な限り歯を残すように努めておりますが、大きなむし歯になったら、つめものではなくかぶせ(クラウン)治療が必要になることがあります。また、やむを得ず抜歯になってしまった場合、隣の歯とかぶせとかぶせで橋渡しでつなぐブリッジ治療が必要なこともあります。

かぶせ治療で大切なのは、よく噛めて長持ちすることです。そのために、当院では様々な工夫を行っています。 もちろん、保険適用内の治療でも行っています。

かぶせ治療とは?

歯の土台大きなむし歯になってしまって、ご自身の歯質が少なくなってしまった場合、なくなった歯質を土台で補って歯の周りを軸に沿って削り、その上に歯の形をしたかぶせもの(クラウン)を接着剤で引っ付ける治療です。

ブリッジ治療とは?

ブリッジ歯が抜歯になってしまった場合、何らかの方法で歯を補う必要があります。その方法のひとつとしてブリッジ治療があります。

抜歯した歯の両隣の歯を土台の形に削って、連結したかぶせものをセットする方法です。

マイクロスコープ・拡大鏡を使用した精密歯科治療に対応しています。

マイクロスコープ治療する上で、患部が見えることは非常に大切です。かぶせの土台の形を整えるのに、見えないためにがたがたに削ってしまっては、絶対に精度の高いかぶせものを作ることは出来ません。

マイクロスコープまたは高拡大率のサージテル拡大鏡を使用して治療を行います。

これにより、土台の形を非常に滑らかに整えることが出来、精度の高いかぶせものを作ることが出来ます。肉眼と拡大視野の違い

型取り前に歯ぐきの状態を整えます。(歯周病治療・歯肉圧排)

歯とかぶせものの境界は、歯ぐき付近に設定されます。特に、前歯など見た目にかかわる部分では、境界を隠すために、歯ぐきのふちより下になるようにします。

土台の型を取るときに、歯ぐきに炎症があり、腫れや出血があれば、精密な型取りは難しくなります。

型取りの前に、歯肉炎・歯周病の治療を行い、精度の高いかぶせものを作るための準備をします。

また、健康な歯ぐきであっても、歯ぐきと歯の隙間に印象材(型取り材)を流し込むのはテクニックが必要です。当院では、歯肉圧排という歯ぐきの溝を広くする手法を用いて、精密な型取りを行っています。

歯肉圧排とは

歯と歯ぐきの間の溝のところに細い糸を入れ、歯ぐきと歯を引き離した状態にします。この状態なら、溝のところに印象材が流れ込みやすくなります。

精度の高いシリコーン印象材(型取り材)を使用します。

一般的に保険診療における型取りはアルジネート印象材(ピンクの型取り材)と寒天印象材を併用して行います。場合によってはこれらの材料が適する場合もあるのですが、問題もたくさんあります。例えば、時間が経つと変形してしまったり、やわらかすぎてちぎれてしまったりします。

当院では精度を重視するため、土台の型取りの際には、ほぼ全ての症例でシリコーン印象材と呼ばれる精度の高い印象材を使用します。

シリコーン印象材とは、合成ゴムで出来た型取り剤で、強度が高く、時間が経ってもほとんど変形しないといった優れた性質を持っています。一般的には、自由診療でよく用いられる材料です。

自由診療の印象材について

自由診療でもシリコーン印象材を使用しますが、保険診療で使用するものよりさらにハイグレードな印象材を使用します。以下のような性質がより向上します。

  • 親水性:口の中の湿った状況でもなじみが良いです。
  • 寸法安定性:変形せずに、形を保ちます。
  • 精度:より細かいところまで精密に型を取れます。

歯の形態・かみ合わせを適切に設計します。

かぶせの形や設計により、よく噛めるか、長持ちするかが決まっています。

奥歯のかむ面がまっ平らだと、食べ物を噛み切れませんし、歯のふくらみが平らすぎたり、ふくらみすぎていたりすると、歯ぐきに対してダメージを与えることがあります。

当院では、適切なかみ合わせを作った上で、お手入れがしやすく長持ちするような設計を行います。

接着剤はレジンセメントを使用します。

レジンセメント歯の土台とかぶせ物の間はセメントと呼ばれる接着剤で満たされています。弱いセメント(グラスアイオノマーセメントなど)だと、かみ合わせたときの衝撃で砕けてしまったり、唾液に溶けてしまったりします。セメントがなくなってくると、歯の土台とかぶせのすきまにむし歯菌が入り込み、むし歯になってしまうことがあります。

当院では、レジンセメントと呼ばれる強度と接着力が非常に高い接着剤を使用しております。

また、接着前の土台やかぶせもの内面の清掃や表面処理にも力を入れております。機械的な清掃はもちろん、酸処理や表面処理材を使用して唾液などの汚染物を取り除き、レジンセメントの性能を最大限引き出す処理を行います。

安心の保証期間

かぶせもの・ブリッジに関しましては、保証期間を設けております。

自由診療のかぶせもの・ブリッジの保証期間

歯は人体の一部であり、日々変化していくものです。電化製品とはわけが違います。人体に対して、保証という考え方は本来なじまないものです。

しかし、すぐだめになるようなつめもの・かぶせ治療は行わないという意味合いを含めて、保証を行います。装着した日に保証書を発行いたしますので、ご安心いただけます。

メニュー 保証期間
セラミック系補綴装置 5年
ハイブリッドセラミック系補綴装置 3年

ページトップへ戻る

  1. HOME
  2. むし歯治療
  3. かぶせ・ブリッジ

診療科目