大阪市都島区の大阪精密入れ歯治療室。アタッチメント義歯について。

アタッチメント義歯

アタッチメント義歯

アタッチメントと呼ばれる特殊な装置を使う部分入れ歯

アタッチメント義歯

アタッチメント義歯とは、部分入れ歯の一種で、アタッチメントと呼ばれる特殊な装置を残っている歯と入れ歯に組み込むことで、クラスプ(入れ歯の針金)をなしにすることが出来る入れ歯です。アタッチメントは構造が複雑なため、適用の条件が厳しく、全ての方に使えるわけではありませんが、使用できた場合は針金が目立たない部分入れ歯を製作することが出来ます。

O-Pリングアタッチメント

O-Pリング

歯の根っこの部分にフック、入れ歯の裏にゴムのリングを埋め込んだアタッチメントでゴムのリングにフックを引っ掛けることで入れ歯を固定する仕組みです。歯の根っこが残っていれば適用できる可能性があります。むし歯で歯の頭の部分がなくなってしまい、本来なら抜歯するしかないような歯でも、入れ歯を支える助けになることがあります。入れ歯の裏で引っ掛けるため、見た目にはほとんどわかりません。

歯冠外アタッチメント

歯冠外アタッチメント

歯のかぶせものの外側に突起をつけ、入れ歯の内面に突起を挟み込むレールを内蔵することで、外側に針金を出さずに部分入れ歯を維持させることが出来ます。

磁性アタッチメント義歯

磁性アタッチメント義歯歯の根っこと入れ歯の内面に磁石をつけることで、入れ歯を磁石の力で引っ付けられるようになり、入れ歯の安定を助けます。

適応症は限定されることが多いですが、もし利用できる状態であれば金属の針金を使用しませんので、見た目に関して美しく仕上げることが出来るます。

ページトップへ戻る

  1. 山下歯科
  2. 大阪精密入れ歯治療室
  3. アタッチメント義歯