大阪市都島区の大阪精密入れ歯治療室。部分入れ歯について。

部分入れ歯

部分入れ歯

よく噛めて、長持ちさせる部分入れ歯治療

よく噛めて、残った歯に負担を少なく、目立たない快適な部分入れ歯

残っている歯がある場合、部分入れ歯が失った歯を補うための適応となります。インプラントやブリッジなど他の方法と比べて、ほとんど歯を削らず、外科処置が必要ないという大きなメリットがあるため、まず試すべき治療法だと考えております。

入れ歯というと、お年寄りのしているものとのイメージがありますが、最近では健康な歯を沢山削る旧来のブリッジ治療に疑問をもたれている方が増えてきています。当院でも若い女性の入れ歯希望の患者様が沢山いらっしゃっております。

部分入れ歯のキーワード

  • よく噛める入れ歯
  • 体に優しい入れ歯
  • 目立たなく美しい入れ歯
  • インプラント・ブリッジを避ける入れ歯
  • アタッチメント義歯によりより美しく

よく噛める入れ歯

部分入れ歯では残っている歯があるため、噛む力を引き出すために残っている歯を最大限に利用できる入れ歯の設計を行うことが重要です。

入れ歯を沈み込ませないレスト構造

「噛んだら痛い」という入れ歯の症状の原因の多くは、噛んだ際に入れ歯が歯ぐきに沈み込み、歯ぐきを圧迫することから生じます。残っている歯にレストと呼ばれる金具を引っ掛け、入れ歯の沈み込みを防止します。

噛む力を支えられる強いフレーム

入れ歯のプラスチック部分が噛む力を支えきれず、たわんでしまうと噛みにくかったり、歯ぐきに当たって痛みの原因になることがあります。金属による強固なフレーム構造を仕込むことにより、噛んだときの入れ歯のたわみを最小限にします。

健康保険適用外の丈夫な人工歯

入れ歯に付ける人工の歯は健康保険適用外の丈夫なものを使用いたします。経年による磨耗が抑えられることで、良い状態で長くご利用いただけます。

体に優しい入れ歯

RPIクラスプ当院では、残っている歯や歯ぐきの組織を長期間維持していくことを重要視しています。

ブリッジ治療では、残っている歯を大量に削る必要があり、人為的にむし歯を大きく進行させていることに違いありません。

インプラント治療では歯は削りませんが、歯ぐきの骨を大きく削る必要があります。

精度の低い入れ歯は、針金をかけた歯に負担をかけるため、抜歯装置といわれております。

入れ歯治療の場合、歯を削る量はごくわずかであり、骨は一切さわりません。

入れ歯の着脱時に歯への負担が少なくなる特殊な針金を使用いたします。左図1, 2, 3の金属のサポートにより、歯を抱え込んで偏った方向へ力がかからないようにします。(RPIクラスプ

歯を残すための治療

山下歯科では、歯を残すためのマイクロスコープを使用したい精密で、医学的に正しいむし歯・歯周病の治療を行っております。詳しくはWebサイトをご確認ください。

よい状態を維持するための予防歯科

むし歯や歯周病に対する予防にも力を入れております。入れ歯を使用するに当たり、特別に気をつけてるべきポイントもあります。担当歯科衛生士制によるメンテナンスも行っておりますので、あわせてご利用ください。

エステティック加工(審美的な針金・人工歯)

クラスプのエステティック加工見た目に関する悩みで多いのが、部分入れ歯の針金が目立つことです。歯への負担を少なくする針金(RPIクラスプ)は保険適用のエーカースクラスプ等と比べると、歯ぐき近くの唇に隠れやすい部分に通りますので、多くの方はこの針金を使用することで目立ちにくくなります。

クラスプのエステティック加工

それでも、笑ったときに歯ぐきが見えるくらい唇が動く方は針金が見えてしまうかもしれません。その場合は、RPIクラスプの表面に歯の色や歯ぐきの色にあわせた特殊加工を施すことで、より目立ちにくくなります。非常に高度な技術が必要になるため、当院での特徴的な治療法のひとつとなります。

人工歯のエステティック加工(オーダーメイド人工歯)

一般的には、入れ歯には既成の人工歯を使用するだけですが、部分入れ歯の場合、ご自身の歯が残っているため、そのまま既成の人工歯を使用するとどうしても調和が難しい場合があります。その場合、歯科技工士がオーダーメイドの人工歯を製作し、色調や歯の質感も表現していきます。これにより、より目立ちにくい入れ歯にすることが出来ます。

歯ぐきの部分のエステティック加工

入れ歯の歯ぐきの部分(義歯床)がピンク色一色だと、歯ぐきの部分に立体感が出ず、のっぺりとした印象になってしまうことがあります。義歯床に歯ぐきの盛り上がりなど立体的に見える加工を行い、お口元をより自然に見せます。

ブリッジ・インプラントを避ける入れ歯(小型金属床義歯)

ブリッジ・インプラントを避ける入れ歯歯を失ったところを補う手段には入れ歯・ブリッジ・インプラントがあります。ブリッジだと前後の歯を大きく削る必要があり、インプラントだと大きな外科処置を伴い体の負担が大きいです。

徹底的に歯を守るために設計された入れ歯は、違和感も少なくしっかり噛めて、健康に対して非常に有利です。

アタッチメント義歯

アタッチメント義歯アタッチメント義歯とは、アタッチメントと呼ばれる特殊な装置により、入れ歯を外れないように維持する入れ歯です。

例えば、RPIクラスプであっても唇を動かしたときに金具が見えてしまう場合など、適応となります。

全ての方に適用できるわけではありませんが、もし利用できる状態であれば金属の針金を使用しませんので、見た目に関して美しく仕上げることが出来るます。

アタッチメントは、O-Pリングアタッチメント、歯冠外アタッチメント、磁性アタッチメント、その他各種取り揃えております。

ノンクラスプデンチャー(針金のない入れ歯)

ノンクラスプデンチャー

金属の針金の変わりに、弾性のあるプラスチックのウイングを歯に引っ掛ける入れ歯です。ウイングは歯ぐきと同じピンク色なので、入れ歯が入っていても金属色が目立ちません。

このノンクラスプデンチャー用のプラスチックは強度が低いため、サイズが大きな入れ歯の場合、壊れやすくなってしまう欠点があります。

適応症は限られますが、適切に使用すれば入れ歯を目立たなくすることが出来ます。

治療費について

お口の中の状態は千差万別で、その状態により治療費は違ってきます。詳しい治療費に関しましては、実際に受診していただきまして、検査・診断をした後にお伝えいたします。大まかな治療費の目安に関しましては、入れ歯価格表にてご確認いただけます。