大阪市都島区の大阪精密入れ歯治療室。高品質の入れ歯の材料を取り揃えております。

入れ歯の材料

入れ歯の材料

高品質な材料を厳選して使用しております。

美しく、長持ちする入れ歯の材料を使用しております。

自由診療で高額な治療費をお支払いいただく以上、可能な限り美しく、長持ちする入れ歯を製作する義務があると考えております。そのために、世界中で販売されている材料の中でも、最高水準の上質な材料を厳選して使用し、質の高い入れ歯を提供いたしております。

審美性・耐久性の高い人工歯・フォナレス2

フォナレス2人工歯とは、入れ歯の歯の部分の材料です。人工歯は、お食事する際に食べ物を噛み砕くという役割と共に、見た目に大きく関わる材料であり、非常に重要です。

当院の総入れ歯では、イボクラービバテント社のフォナレス2と呼ばれる人工歯を採用しています。ナノハイブリッドコンポジット技術により、磨耗しにくい高い耐久性自然な光沢感・リアルな表面性状による美しさを兼ね備えております。

フォナレス2はヨーロッパ製の材料であり、前歯で使用すると小柄な日本人には少し大きすぎることがあります。その場合は、日本人のお口のサイズに合った国内一流メーカーの人工歯を使用いたします。

耐久性・生体親和性の高い床用レジン・イボベース

イボベース床用レジンとは、入れ歯の歯ぐきの部分に当たるプラスチック材料のことです。床用レジンは、歯ぐきと直接触れる部分であり、高い適合性と生体親和性に加え、長期的に使用に耐えられる耐久性が必要です。

当院の総入れ歯では、イボクラービバテント社のイボベースと呼ばれる床用レジンを使用しています。精密な加熱加圧重合システムにより、熱収縮を防ぎ、高い適合精度を実現します。イボベースの耐衝撃性はすばらしく、その強度は入れ歯を車で踏んでも割れないレベルです。また、変色しづらい材料で、長期間美しく使用していただけます。

部分入れ歯の材料に関しましては、複雑な部分入れ歯の形に対応するために、さらに適合精度の高い国内一流メーカーの材料を使用しております。

強度・生体親和性の高い金属材料

部分入れ歯の維持装置・補強の用途で、様々な材料が開発されていますが、金属に勝る性質をもった材料は残念ながらございません。

当院では、非常にさびにくく強度の高いコバルトクロム合金(健康保険で使用すると採算が合わない高級品)、生体親和性が高くなじみが良い白金加金(健康保険適応外)やチタン合金(健康保険適応外)を取り揃えております。

精度の高い製作用材料・器具

入れ歯そのものの材料だけでなく、入れ歯を作るための型取りの材料や、模型用の石こう、咬合計測機器等にも、精度の高い材料・器具を使用しています。BPSシステムの標準の材料に加え、患者様それぞれのお口の中の状況にあわせて、精度を高められるように各社の材料を取り揃えております。