大阪市都島区の大阪精密入れ歯治療室。金具(クラスプ)のエステティック加工について。

部分入れ歯

金具(クラスプ)のエステティック加工

金属の金具を目立ちにくくします。

入れ歯の金具を目立ちにくく、コーティング加工します。

クラスプのエステティック加工見た目以外の部分入れ歯の性能を評価する際、金具をひっかける歯への負担や適合性、入れ歯自体の耐久性を考えます。その際、やはりコバルトクロム合金と呼ばれる金属を使用したRPIクラスプという金具が最も優れていると考えています。

しかし、RPIクラスプを前歯の方にひっかけると、笑ったときに金属が目立ってしまうことがあります。

見た目優先で針金のない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)にすることも出来ますが、見た目以外の全ての要素で健康保険の入れ歯に劣るレベルです。

クラスプのエステティック加工は、性能はRPIクラスプのままで見た目を改善することが出来ますので、バランスの良い治療法だと考えております。

クラスプのエステティック加工例

クラスプのエステティック加工比較ケース

左の写真は一般的な健康保険の入れ歯のクラスプです。健康保険の部分入れ歯は、このタイプの金具しか使用が認められていません。噛む面から歯ぐきの方に下がり、歯を真横に横切るので、かなり目立ちます。上の歯の銀歯と同じくらい目立ちます

右側は自由診療のRPIクラスプにエステティック加工を行っています。歯ぐきの方から歯の付け根にクラスプの先端を乗せる形なので、クラスプ自体が唇に隠れて目立ちにくくなります。クラスプのエステティック加工は、歯や歯ぐきの色に合わせて金属色を隠しますが、エステティック加工の部分だけを見ると、目立つ気がしますが、上の歯の銀歯と違い、金属色の反射が少なくなるため、ぱっと見はかなり目立ちにくくなります

針金のない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)が良くない理由

ノンクラスプデンチャー

入れ歯の金具の代わりに、弾性のあるプラスチックで歯に固定する方式がノンクラスプデンチャーです。弾性のあるプラスチックとは、要するに柔らかいプラスチックということです。そのために、以下のような欠点が出てきます。

  • 柔らかいので強度が低く、壊れやすい。
  • 材料が荒く、とても変色しやすい。
  • 新しい材料のため研究が進んでおらず、残っている歯への負担は不明。(理屈で考えると金具より負担は大きいです。)

どうしても、見た目のためにノンクラスプデンチャーが良いという場合は、当院でも使用可能です。全ての方に適応できるわけではありませんが、金具をかける歯の形によっては、耐久度が高く変色しづらい特殊な材料でノンクラスプデンチャーを作成するというノウハウが当院にはありますので、一度ご相談ください。

歯肉のエステティック加工は、歯科技工士の職人技術が必要です。

歯科技工士 森永純クラスプのエステティック加工は、入れ歯を作る歯科技工士が手作業で色のついたペーストを入れ歯の金具に盛り上げて作ります。また、材料の接着に関する非常に高度な知識と技術が必要です。

当然、手先の器用さや美術のセンスも必要となってくる高度な技術で、この加工を行える歯科技工士は日本でも非常に少なく、限られています。

クラスプのエステティック加工が可能な歯科医院は、もしかすると日本ではほとんどないかもしれません。

当院では、日本トップクラスの技術を持つ入れ歯専門の歯科技工士にお願いしております。

担当歯科技工士:森永純

  • 2001年11月:(有)ライズ・デンタルコミュニティー設立(滋賀県高島市)
  • 2014年7月:神戸事業所開設 所長兼任(神戸市灘区)

2017年10月:(株)ライズ・デンタルコミュニティー設立

認定

  • 日本顎咬合学会員 認定歯科技工士
  • BPS(Biofunctional Prosthetic System)国際認定歯科技工士

クラスプのエステティック加工はハイブリッドセラミックスを使用します。

ハイブリッドセラミックスクラスプのエステティック加工は、クラスプの金属の表面に特殊な接着処理を行ってから、ハイブリッドセラミックスと呼ばれるセラミックとプラスチックが混ざった材料で色を着けていきます。強度は高く、変色もしにくい材料です。

ただ、入れ歯の金具は着脱時に大きくたわむので、長期間使用することで材料が疲労し、エステティック加工が欠けてきたりすることがあります。しかし、ハイブリッドセラミックスの素材は修理可能な材料なので、万が一欠けてしまっても、元通りきれいに修復することが可能です。

ページトップへ戻る

  1. 山下歯科
  2. 大阪精密入れ歯治療室
  3. 金具のエステティック加工