大阪市都島区の大阪精密入れ歯治療室。歯科技工士立ち合いについて。

BPS義歯治療の流れ

歯科技工士立ち合い

歯科技工士が診療に立ち会うことについてのこだわりについて。

歯科技工士立ち合いは、ベストの治療を提供するためのこだわりです。

精密入れ歯歯科技工士が立ち合いすることのメリットは、歯科技工士の役割のページにも書きました。当院の精密入れ歯は、総入れ歯でも部分入れ歯でも必ず歯科技工士が立ち会います。

例えば、「歯科技工士立ち合いあり」と「歯科技工士立ち合いなし」で入れ歯を作っていった場合、歯科技工士立ち合いありの方が、治療の質は絶対に上がることは、当然です。

もし、「歯科技工士立ち合いあり」と「歯科技工士立ち合いなし」の精密入れ歯製作のメニューがあった場合、歯科技工士立ち合いなしで作った入れ歯に関しては、「歯科技工士立ち合いなしで作ったから、多少入れ歯のクオリティが下がったのは仕方ない。」という治療結果が出なかったことに対しての言い訳が出来てしまいます。

当院では、そういった歯科医院都合の言い訳を防ぐ意味合いと、とにかく治療の質を高めるためにベストを尽くせるように、歯科技工士の立ち合いを重視しています。

歯科技工士は勤務ではなく、社長に来ていただきます。

歯科技工士どんな業界でもそうですが、自分の仕事の技量に自信があって、より高みを目指していくとなれば、サラリーマンではなく、独立・開業を目指すと思います。

歯科技工士の業界も似たようなところがあって、やはり腕に自信のある歯科技工士は独立される方が多いです。(もちろん、勤務でも凄腕の方はいらっしゃいます。)

立ち合いするということのみを重視すれば、歯科技工士を歯科医院で雇って、院内で入れ歯を作ればいいという話になりますが、そもそも、歯科技工士は歯科技工所で勤務することが一般的です。歯科医院で勤務すること自体が特殊なこともあり、歯科医院で歯科技工士を普通に求人して凄腕の方を採用できる可能性は、かなり低くなってしまう(コネクションを除く)と言えるでしょう。

それなら、凄腕の歯科技工士に出張料をお支払いしてでも、立ち合いをしていただくのが、良い方法だと当院では考えております。

当院では、歯科技工士業界の中でも入れ歯一筋で名を上げていらっしゃる株式会社ライズデンタルコミュニティー社長森永純歯科技工士と一緒に治療に当たらせていただいております。

担当歯科技工士:森永純

歯科技工士 森永純

  • 2001年11月:(有)ライズ・デンタルコミュニティー設立(滋賀県高島市)
  • 2014年7月:神戸事業所開設 所長兼任(神戸市灘区)

2017年10月:(株)ライズ・デンタルコミュニティー設立

ページトップへ戻る

  1. 山下歯科
  2. 大阪精密入れ歯治療室
  3. 歯科技工士立ち合い