大阪市都島区の大阪精密入れ歯治療室。総入れ歯の金属床について。

金属床義歯

総入れ歯の金属床

金属床と呼ばれるプレートにより、入れ歯を長持ちさせ、快適にお使いいただけます。

金属床と呼ばれるプレートにより、耐久性と快適性を向上させます。

上顎金属床写真のように、入れ歯の内側の見えないところに金属床と呼ばれるプレートを入れることで、入れ歯の耐久性・快適性を向上させることが出来ます。

うっかり衝撃を与えても、とても壊れにくくなります。

下顎金属床当院のBPS総義歯に使用するプラスチックの材料は歯科用として認められている材料の中でもトップクラスに強度が高いものと使用しております。しかし、プラスチックの限界もあるため、長期間使用による劣化や、うっかり落としてしまったときの衝撃により、大きく破損する可能性があります。

プラスチックの材料の中に、金属プレートを補強構造として仕込むことで、衝撃が加わっても小さく欠けるだけで済んだり、ひび割れ程度の小さな破損で済む可能性が高くなります。

大きく破損すると、修理しても元とは使用感が違ってしまったり、最悪、作り直しになってしまうかもしれませんが、小さい破損で済むと、簡単な修理で済みます。

入れ歯は人工物なので、どうしても劣化・破損ということは起こりますが、出来るだけ強度を高めて長くお使いいただけるということを考えて設計をしております。

厚みが薄くなり、違和感が少なくなります。

金属は薄くしても強度を確保しやすい材料です。プラスチックと比べると、2分の1から3分の1程度の厚みにすることが出来ます。特に上の入れ歯が薄くなることで、舌のスペースが広くなり、違和感が少なくなったり、発音しやすくなったりします。

金属床オプションの種類・価格表

  • コバルトクロム金属床が一番薄く作ることが出来ますので、お勧めです。
  • コバルトやクロムなどの金属にアレルギーがある方はチタン金属床が適応となります。
  • バイオメタルとは、白金加金と呼ばれる金合金です。見た目が金色で美しく金属自体に価値がありますが、非常に材料費が高額となるため、時価です。
  • 金属床のピンクオペーク加工は金属色を隠すために表面にピンク色のハイブリッドセラミックを接着する加工です。基本的には見えにくい場所に金属床は入りますし、ピンクオペーク加工により少し厚みが増してしまうので、あまりお勧めしておりません。
メニュー 定価(税別)
コバルトクロム金属床による義歯の補強 150,000円
チタン金属床による義歯の補強 200,000円
バイオメタルによる義歯の補強 時価
金属床のピンクオペーク加工
50,000円

ページトップへ戻る

  1. 山下歯科
  2. 大阪精密入れ歯治療室
  3. 総入れ歯の金属床