大阪市都島区の大阪精密入れ歯治療室。ノンクラスプデンチャーで美しく。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

金属の針金がなく審美的な入れ歯です。

針金のない審美入れ歯。ノンクラスプデンチャー。

ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯の従来からの欠点として、クラスプと呼ばれる金属の針金を隣の歯に引っ掛けるため、見た目が悪いことがあげられます。

ノンクラスプデンチャーは、金属の針金をなくして弾性のあるピンク色の樹脂のウイングにより入れ歯を歯に固定することができるため、従来の入れ歯と比べて非常に審美的です。

ノンクラスプデンチャー症例

ノンクラスプデンチャー

上顎の一番前の左右2本の歯が欠損している症例です。下顎前歯部にブリッジが入っていますが、そのときの歯を沢山削ってしまったことを後悔されており、入れ歯での治療を望まれました。最初は保険の入れ歯で治療しましたが針金が目立つということで、ノンクラスプデンチャーにより治療致しました。健康な歯を大きく削ることなく、機能的にも審美的にも改善されました。

※リスク・副作用:治療の効果には個人差があります。必ず見た目が良くなるわけではありません。

※上ノンクラスプデンチャー(小)治療費:220,000円(自由診療)

ノンクラスプデンチャーは金属アレルギーの患者様でも使えます。

従来の保険の入れ歯では、金属の針金なしでは作れません。 しかし、ノンクラスプデンチャーでは樹脂の材料で歯に固定するため金属を全く使わない設計が可能です。

金属の補強構造がなくなるため、性能としては不利になりますが、全く金属を使わずとも入れ歯を作ることができるという点で、画期的な治療法です。

ノンクラスプデンチャー価格表(自由診療)

メニュー 定価(税込)
ノンクラスプデンチャー(針金のない審美入れ歯) 小型
中間欠損2歯まで
220,000円
ノンクラスプデンチャー(針金のない審美入れ歯)
385,000円

ページトップへ戻る

  1. 山下歯科
  2. 大阪精密入れ歯治療室
  3. ノンクラスプデンチャー