大阪市都島区の大阪精密入れ歯治療室。自由診療について。

総入れ歯

自由診療を受ける意味

どうして自由診療による治療が良いのか、解説致します。

自由診療の治療でより質の高い治療を受けられる。

精密入れ歯日本の健康保険制度は、安価でとりあえず治療を受けられる良い制度ですが、歯科においては治療内容に大幅な制限があり、治療の質に関しては低いことが現実です。材料や治療法にも大きな制限がありますが、それ以上に治療費の制限が大きく、コスト的に手間暇かけられないことがその理由です。

高額な自由診療による治療を受ける意味は、保険診療より質の高い治療を受け、快適な生活を送ることが出来るということにあります。

逆に言えば、自由診療で治療を受けたとしても、良い結果が出なければ、お金の無駄で全く意味がないということになってしまいます。

歯科医院は沢山あり多くの選択肢がありますが、良い治療を受けて、良い結果を出すには、患者さんはどのような点に気を付けるとよいのでしょうか。

自由診療の材料が良いから良い結果が出るというのは間違い。

自由診療の材料

日本の健康保険制度の適用外になる条件としては、保険適用でない材料を使うことと、保険適用でない治療法を行うことです。

よく言われるのが、かぶせもののセラミック素材は保険が効かないとか、インプラントや矯正といった治療法には基本的に保険が効かないなどでしょう。

ここで注意しないといけないのが、自由診療となる条件として、歯科医師の技術は全く含まれていないということです。一度も歯科治療を行ったことのない研修医でも保険適用外の材料を使えば自由診療になってしまいます。

当たり前の話ですが、ちょっと良い道具や材料を使ったところが、歯科医師の技術がなければ、良い治療にはなりません

例えるなら、素人の方と三ツ星レストランの料理人が料理対決をするとします。素人の方は高級食材、料理人が安価な食材を使ったとしても、料理人の作った料理の方がおいしいだろうということは容易に想像できると思います。

歯科医療の世界でも同じです。自由診療の材料は確かに性能の高いものが多いですが、材料の良さを生かすだけの知識や技術力がなければ、自由診療であっても保険診療と変わらない治療クオリティとなってしまいます。

ノンクラスプデンチャー(金具のない入れ歯)、コンフォートデンチャー(柔らかい入れ歯)、コーヌスクローネ(かぶせと一体式の入れ歯)、アタッチメント義歯(特殊なひっかけを持つ入れ歯)など、これらは健康保険適用ではない材料を使います。これらの材料を使えば、歯科医師の技術は関係なく誰でも良い結果が出せるなんて、虫のいい話は絶対にありません

当院は技術力で勝負

歯科技工士立会い当院は、とにかく治療技術で勝負している歯科医院です。入れ歯に関する様々な治療法は治療メニューになくても基本的に全て対応可能です。 但しそれは、患者さんの希望によってのみその治療法を選択するのではなく、患者さんのお口や状態をしっかり検査して診断した上で、ベストの材料や治療法をご提案いたします。

当院は入れ歯専門で治療を行っていますので、超難症例の患者さんもいらっしゃいます。歯科医院を10件くらい回って入れ歯コレクションになってしまったけど全て上手くいかなかったなんて患者さんが沢山いらっしゃいます。保険診療だけではなく、他院様での自由診療の入れ歯治療でも上手くいかなかった方もいらっしゃいます。

入れ歯治療は物販ではなく医学です。最終的には歯科医師の診断と技術が肝になります。いかに精密に治療を行っていくかが良い結果を出すために最も大事で、材料や治療法はその後に自動的に決まってくると当院では考えております。

技術の高い歯科医師の探し方

技術力が高い歯科医師を探すことは、患者さんにとってはとても難しいと思います。歯科医師と患者さんとの間で、圧倒的に治療に対しての知識の差があるからです。

しかし、今はインターネットが発達しており、歯科医院のWebサイトで様々な情報提供がされています。歯科医院・歯科医師選びは、ご自身のお口の健康を決める大切なステップの一つです。可能な限り情報を集めていただいて、治療方針にご自身が納得できるかどうかが大事ではないでしょうか。

ページトップへ戻る

  1. 山下歯科
  2. 大阪精密入れ歯治療室
  3. 自由診療を受ける意味