大阪市都島区の大阪精密入れ歯治療室。インプラントから入れ歯への移行について。

インプラントから入れ歯

インプラントから入れ歯へ移行

インプラントから入れ歯へ移行する方法について説明いたします。

インプラントから入れ歯への移行は可能です。

過去にインプラントを入れたけれども、様々な理由があって、入れ歯治療が適応となる患者さんはいらっしゃいます。

その際、インプラントから入れ歯治療への切り替えは可能ですので、お困りの患者さんは、当院へご相談ください。

インプラントから入れ歯へ移行が必要になるケース

インプラントから入れ歯へ移行が必要になるケースは、以下のようなことが考えられます。患者さんによっては、それぞれが複合的になり、より複雑な状況になることもあります。

入れたインプラント自体が悪くなってしまった。

インプラントは永久に安定するものではなく、例えばインプラント周囲炎インプラント周囲組織炎などの病気になってしまい、インプラントがぐらぐらになったり、歯ぐきが腫れたりなど、症状が出てしまうことがあります。これらの病気は、現在の医学では治療不可能であり、場合によってはインプラントを除去して、入れ歯へ移行する必要があります。

新たにインプラントが入れられない状況になってしまった。

インプラント治療は誰でも受けられる治療ではありません。全身的な状態や、顎の骨の厚みなどの局所的な要因で入れられなくなってしまうことが多々あります。過去にインプラント治療を受けたときは大丈夫であっても、例えば、歯周病・糖尿病・骨粗しょう症になってしまったり、顎の骨が減ってしまっていたりして、インプラント治療が出来なくなってしまったというケースはあります。インプラント治療は非常に高額なので、ご予算の制限により、入れられなくなってしまうこともあります。

インプラント治療の結果が良くない。

インプラントのねじの部分自体は骨とひっついて、インプラント周囲炎などがなかったとしても、肝心の歯の部分(上部構造)の出来が良くなくて、治療結果に満足できなかったり、また、インプラント治療特有の食べかすが詰まりやすい、臭いがするなどの現象が我慢できない場合は、上部構造をやり直すか入れ歯に移行する必要があります。

今入れているインプラント自体は安定しているが、他の歯が悪くなり、追加で処置が必要になった。

過去に入れたインプラント自体は安定していても、他の歯が悪くなってしまって抜歯となると、その部分に新たにインプラントを入れるか、場合によってはインプラントから入れ歯へ移行した方が良い場合があります。

過去にインプラント治療を受けたが、手術を二度とやりたくない。

新たに治療が必要な状況になっても、インプラント治療に必要な手術を怖いからもうやりたくないという場合は、インプラント治療から入れ歯治療へ移行する必要なことがあります。

インプラントから入れ歯へ移行する方法

インプラントがすでに顎の骨に埋め込まれている状態であれば、入れ歯治療を行うにあたり、そのインプラントをどうするのかを考えなければなりません。大まかには、以下のようなパターンが考えられます。

※治療法の選択は、患者さんそれぞれの状態によります。

インプラントを生かした入れ歯を作る。

インプラントのねじの部分が問題なければ、場合によっては、入れ歯を固定するためのアタッチメントとして利用することが出来ます。Oリングアタッチメントやロケーターアタッチメントなどの装置により、入れ歯とインプラントを固定し、外れにくくします。但し、インプラントの埋まっている位置が装置を入れるのに適しているかどうかなど、色々な条件をクリアする必要があります。

インプラントを眠らせておく。

ツーピース型インプラントのねじの部分にふたをして、そのまま利用もせずに眠らせておくことも出来ます。インプラント除去にリスクがあるケースや、入れ歯への利用が難しい場合などで選択される可能性があります。

インプラントを除去する。

インプラント自体がインプラント周囲炎などにより悪くなってしまっている場合や、ワンピース型インプラントなどで入れ歯治療の邪魔になる場合などはインプラントを除去する必要がある場合があります。

ページトップへ戻る

  1. 山下歯科
  2. 大阪精密入れ歯治療室
  3. インプラントから入れ歯へ移行