大阪市都島区の山下歯科。診療への思い。

診療への思い

診療への思い

山下院長の根管治療へのこだわり。

歯を残すための精密な根管治療を提供したい。

BPS認定歯科医師

歯科医院で毎日行われている「神経を取る治療」、「歯の根っこの治療」のことを根管治療と呼びます。

患者様は「歯医者さんであれば誰でも出来る」、「誰でも同じように良い結果を得られる」と思われるかもしれません。
しかし、実際には、根管治療は日本人の歯科医師が最も苦手とする治療です。日本の根管治療の再発率(失敗する確率)は、先進国において断トツのワースト1位です。
日本は、先進国の中で「最も根管治療が下手な国」と言えます。失敗してしまうと、歯を抜かなければならない状況になることが多い処置なのにです。

当院では、そんな日本の現状を解決しようと、歯を残すために質の高い根管治療を提供するように日々努力しております。

日本の根管治療は質が低い。

BPS認定歯科医師根管治療とは、神経を取る治療・歯の根っこの治療のことを指す言葉です。根管治療は一般的な歯科医院で毎日行われている治療の1つですが、歯科医師によって技術力に大きく差があり、成功率が大きく異なっています。

日本での調査で、根尖部透過像(根の病巣)を持つ歯の割合が歯の種類に限らずほぼ50%以上であるというデータがあります。逆に言えば、日本での根管治療の成功率は50%未満である可能性があります。(左上のグラフ参照)比べて、世界レベルでの根管治療では、左下にあるように、非常に高くなっております。

一般的な日本の歯科医師の根管治療の技術力は、世界レベルで比較すると非常に低いことが考えられます。歯の寿命にかかわる大切な処置にも関わらずです。

当院には、他院様で根管治療を行ったものの、症状が引かず、再治療を希望される患者さんが多数いらっしゃいます。やはり、日本全体としての根管治療の成功率が非常に低く、そのことが問題となって現れているからだと思われます。
日本の根管治療の質が低い原因として、国の健康保険制度が崩壊していることが第一だと考えられます。


山下歯科での根管治療。

当院では、世界レベルの根管治療を提供するべく研鑽し、可能な限り最良の治療をさせていただくように努力しております。それでも、医学の限界もあり、どんな歯でも100%の成功率で治療できるわけではありません。

初診時にしっかりと検査をさせていただきます。診断をした上で、患者さんの歯の現状と治療を行うことによる今後の展望をお伝えし、患者さん自身に治療内容を理解していただき、治療法を選択していただきたいと考えております。(インフォームドチョイス)

おかしくなってしまったインプラント治療。

インプラント本来なら、出来るだけ天然の歯を残すように治療を行うのが歯科医師の使命だと考えております。

しかし、日本の健康保険制度により、根管治療の評価が著しく低くされてしまい、まともに治療すると大赤字です。そうなると、根管治療で歯を残して赤字になるより、さっさと抜歯してインプラントを勧めた方が儲かるということになります。

健康保険制度により、安価に治療が受けられる反面、歯の命がとんでもなく軽くなってしまっているのが今の日本の歯科業界です。

世間ではインプラント治療が流行っており、どこの歯科医院でもインプラントを勧められます。しかし、高度な外科手術が必要で、金銭的負担も大きく、またメンテナンスも非常に困難なインプラントは気軽に出来る治療ではありません

歯を補う手段としてインプラントを学ぶ歯科医師が圧倒的に多いです。

確かにインプラントを数年持たせることはそれほど難しくないでしょう。しかし、長期間維持させるためには担当歯科医師の非常に高度な治療技術と患者様ご自身でのメンテナンスに対する努力が必要です。インプラントはむし歯にはなりませんが、歯周病にはかかります決して、一生ものではありません。 天然の歯に勝るところは一つもありません。

インプラントは、正しく行えば素晴らしい治療法なのかもしれませんが、現状の日本の医療制度においては、問題点が多いといわざるを得ないと思います。